大志を抱け。

人は高い目標を持ってこそ大きく成長する事ができます。

 

 

 

クラーク博士の「少年よ大志を抱け」は本当だと思います。

 

 

 

今のままでは手の届かない高い目標があれば自分を根底から大きく変える必要があります。

 

 

 

足るを知るという生き方も否定はしません。

 

 

 

しかし、関門JAPANで選手になるからには大志を抱いてほしい。

 

 

 

「自分には無理だろう」という諦め。

 

 

 

そこにもう大きな成長はない。

 

 

 

結果や成果よりも大切な事がある。

 

 

 

それは人間的成長

 

 

 

自身の壁を打ち破っていく為に大志(高い目標)を抱く事ができる。

 

 

 

それが勇気と感動の関門JAPANボクシングジムでありたいです。

 

 

 

7月からプロ選手の練習を朝から夜9:00〜11:00もしくは夜10:00〜12:00に変えましました。

 

現在は選手が少なくなり集中しやすくなってます。(^^)


アクセル、ジャンプ、チェンジ、渚、全員をチャンピオンにと考えて指導しているので僕のキャパとして、あと一人。

 

人間的成長を第一と考え、覚悟を決めて本気で関門JAPANからチャンピオンをめざす君を待ってます!

カテゴリ:高橋イズム | 01:03 | comments(0) | - | - | - |
少年よ!大志を抱け!

8月1日からアイルランドに8カ月ほど留学に行くバーニング哉太と飯を食いながら、哉太の将来や関門JAPAN今後の展望などを話しました。


哉太は地元門司港に古着の店を構える事がとりあえずの目標となります。その為に語学の勉強をしながらアイルランドやイギリスで古着の仕入れルートを作ってくる事が留学の大きな目的になるそうです。(旅費はバイトで貯めた分とローン払いだそうです。あっちでルート作りにもなるので古着屋のバイトを探して生活をするそうです)


哉太にも「故郷門司港に何かをしたい」という使命感があります。そういった導きもいろいろ感じられているようなので迷いがありません。


「人間的成長」と「世の為人の為に」を第一と考える高橋イズムを受け継いでいる哉太を今後も応援していきます。(^-^)



          下関と門司港から関門地区を元気に!!少年よ!大志を抱け!     会長
カテゴリ:- | 17:49 | comments(0) | - | - | - |
ファイティング貴章の勇気と感動。


準決勝はサウスポーを相手に勝利を収め、ライバルとの決勝戦へ駒を進めた貴章だが、まだまだ課題も不安も残るデキだった。



3年生は最後となる福岡県大会。そして決勝。


相手はこれまで二度の対戦で、惜敗してきた全国選抜3位のライバル選手。


貴章より上背があり、鋭い右ストレートで準決勝をRSCで勝ち上がってきた。


彼の存在が大きく、まだ貴章は一度も全国大会に出た事がない。


最後に、達成する喜びと華やかな全国大会出場という経験を味わせてやりたい。


一週間後に興行が迫る中、僕も今できる限りのサポートをした。


1ラウンド。いつもは少し固く、実力を出し切れていない貴章がこの土壇場に来て動きがいい。


礼儀正しく生真面目なキャプテン貴章。皆からの信頼も厚い。


そんな貴章が高校ボクシング2年間の「悔しさ」や「辛さ」、「成長」や「楽しさ」、それらの集大成をここに表しているように感じた。



しかし、2ラウンド。右ストレートが得意な相手に中間距離でスイッチを入れてしまうというミスを犯し、痛恨のダウンを奪われる。


しかし、このダウンが本来、貴章の持っているファイティングスピリットに火を着けた!



試合が再開されると走って行き猛攻を仕掛けたのはダウンを奪われた貴章の方だった。



3ラウンド。ここが勝負になる!勝負!ジャッジの印象もある。ここは倒し返すしか勝ちはない!



2ラウンドのダウンから火が着いている貴章の猛攻は止まらない。


これが本来の貴章の持ち味であり、資質だった。



そんな中、左フックで改心のダウンを奪う!!


この大会。試合中は指示を出さず、自身の力で、自身の発想で全国への扉を開いて欲しいという思いだったが思わず「貴章!!チャンス!!走れーーっ!!」と叫んでしまった。


ダメージが残るうちにもう一度いいパンチを入れれば試合が終わる。


しかし、相手も簡単にそうはさせない強敵。


2分3ラウンドの激闘が終わり、判定を待つ。


貴章の成長が見られた素晴らしい試合だった。


どんな結果も受け入れられる。そう思って判定を待った・・



只今の競技、青コーナー・・とアナウンスが聞こえた瞬間、豊国ボクシング部、杉本先生、僕、皆が拳を突き上げて泣いた!


会場にいる方々にも伝わったであろう、この感動と、このドラマ。


勝って男泣き。


2年間、悔しい思いを何度もしてきた。高い壁に諦めの気持ちも湧いたかもしれない。


しかし、そんな思いにも負けずに貴章は勝った。


皆、貴章という人間を見てきた。だから心の底から応援し、他人の事が自分の事のように喜べ、涙した。


センスのある選手や幼少からボクシングを始めたいい選手もいる。だけど、観ている人を感動させ、仲間達に心底喜んでもらえる選手がどれだけいるだろう。


人を応援する大切さ、努力、苦難に負けない、成長、公平、諦めない勇気、真の勝利、仲間との友情、青春・・


              高校ボクシングのあるべき姿がここにあった。


豊国学園ボクシング部キャプテンとして後輩達に勇気と感動を与えた。



3年生トリオと共に戦うのはこの日が最後。


「あいつならきっとやってくれると思ってました」。(^^) 彼らの友情はずっと続く・・


6月末に九州大会、夏にはインターハイが控えているファイティング貴章がどこまで行けるか?


                少年よ!大志を抱け!!    

カテゴリ:- | 01:15 | comments(0) | - | - | - |
少年よ大志を抱け!

「少年よ大志を抱け」 これはクラーク博士の言葉だけど、高い確かな目標を持つ事は非常に大切な事だと思う。

クラーク博士の、この言葉の「大志」とはお金や地位や名誉といった「利己的」なモノではないという言葉が後に続き、「人格」を高めていくといった志の事を言っているらしい。

僕にも住直らにも物質的な目標がある。様々な工夫や弛まぬ努力、改善をしていかなければ、そこには到達できない。

故に、自分自身を改革していく必要が出てくる。

「努力(因果)」と「波長」。 言い換えれば、自分に負けない強い精神力と人としての正しき行いや思い。

高い目標を達成する為に必要な心の二大要素。この二大要素に気づき、「人格」を高める為にも、自身の器に見合った最大限高い目標を定める事が必要なのだと思う。

ボクシングは人間的成長をする為の「手段」であって、人生の「目的」ではない事を強く感じ、そういった思いで日々指導にあたっている。 マサ

カテゴリ:高橋イズム | 00:50 | comments(0) | - | - | - |
「指導の果て」
先日、書いたように指導とは「自分次第」だと思います。これは指導に限らず人間関係にも言える事です。

だけど、この「自分次第」が難しい。

僕の目指す目標や意識の高さについてこれずに辞めてしまった選手も今までいました。

例えば僕が大学の教授だとします。あくまで例えばです。(笑)ここに小学生が学びに来ました。その小学生に大学の勉強を教えても分かるはずがありません。

小学生には小学生の課題を。中学生には中学生の課題、高校生には高校生の課題、大学生には大学の課題を指導するのが当たり前です。

だけど、ついつい自分の意識や価値観で指導したり、話したりしてしまいます。あの大学教授のように・・

ここで重要な事はその意識や価値観を捨てるのではなく、選手の心の本質を見きわめて、その子にあった話しや指導をする事ではないかと思っています。

難し過ぎれば苦痛になるだろうし、簡単過ぎれば物足りないでしょう。

その子に適した課題「今できる事」を提示し、指導していく事が僕にとって、その子の為に「今できる事」ではないかと思うようになったのはつい最近です。(^_^;)

以前の僕は自分の意識の高さや目標を選手達にも「少年よ大志を抱け!」と同じように与えていました。

最近、徐々にではありますが選手個人個人に合わせた目標設定を促し、認めるようにしています。

無理を言えば自分も相手も苦しい。「今できる事」なら自分も選手も頑張れる。

自信がついてくれば今より少し高い「今できる事」を与えればいいんだと思います。

ここまで来るのに長い時間が掛かりました。この成長がジュニアや会員の指導にも大きく役立つはずです。

僕の「指導の果て」はまだまだ見えません。今が最高。と満足してしまえばそこが「指導の果て」となります。

「思い癖」を捨て柔軟な発想ができるように努めていきます。   マサ
カテゴリ:高橋イズム | 02:45 | comments(2) | - | - | - |
試合結果
章裕の相手は同階級の県チャンプ。

結果は割れた判定で惜しくも負けでした。

リードの差し合いと後ろに下がる印象の悪さがなければ、強いパンチやカウンターを決めてますから勝負的には勝っていました。

今日の試合は言葉の通り、力の試し合いでした。

県チャンプも射程距離に入り、感動は来年に持ち越しです。(^_^;)

狙われる者より狙う者の方が強いんじゃ!by菅原文太 の精神でやってきます!

僕の見たところ、伸びしろは章裕の方が断然上ですし、ハートがありますから、県チャンプなど小さな事言わずにインターハイチャンプぐらい狙って欲しいです。「少年よ大志を抱け!」です。それぐらいの気持ちでやれば県チャンプも確実に獲れますからね。

今回、課題も見つけ、また更に強くなるのは確実です。

問題は試合に出なかった二人… ( ̄^ ̄)

ちなみに玄壮が来てました。「お!玄壮どうしたん?」 「いや、ちょっと観にきました。」 「ふ〜ん」「???」「あ〜っ!!俺のブログ観てやな!」って。(笑)
玄壮、消防士に就職が決まったらしいです。おめでとー

マサ
カテゴリ:高橋イズム | 16:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
宿命
生きている事に何か意味があるのか無いのかは分かりませんが、もし宿命というものがあるなら、俺たちは何をする為に生まれてきたんやろうなー? という話しを選手としました。


事故により、早くに選手生命を断たれましたが、今考えば自分が一番ヤりたい事に早く就いただけのような気がします。


チャンピオンになる為に生まれてきた人ってほんの一握りでしょう。


「自分はボクシングをする為に生まれてきたとは思えない。
自分を鍛える為にボクシングをしている。」
と選手は言いました。


たまに甘い考え方をして僕に叱られてますけど、いつも、変わった面白い考え方をする奴です。(^_^;)


僕は本気でチャンピオンを目指しボクシングをしました。
だから、人にボクシングを教える事ができます。


本気でやってこそ、学びであり、気付きであり、成長があります。


「少年よ!大志を抱け!」っていう事だと思います。

そして、今こうして出会った選手達、会員さんとの縁は偶然ではなく必然なんだと思います。


この出会いから多くを学び、成長していきます!
(^3^)/
マサ
カテゴリ:高橋イズム | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |