イチロー。

先日、イチロー選手が試合後に引退会見を開きました。


約80分の会見をネットで二回見ました。160分。笑


イチロー選手が終始語ったのは記録や成果の事ではなく、【信頼】【感謝】【経験】【苦しみを乗り越えた事】【利他の心】など人としての成長。


そんな中、成し得た大記録やタイトルでさえも、それらに比べれば「ささいな事」 だと言っていました。


歳が僕の一つ上で親近感のあるイチロー選手のこういうところが好きでした。


数年前には、イチロー選手にとっての野球とは?という問いに対して【人間的成熟】と語った事もありました。


それから数年。一軍で活躍する事が少なくなったイチロー選手でしたが、そこに敗北感や屈辱感はなく、常に人として、野球人としての成熟を目指す姿があったように思います。


すべての所作に美しさを感じさせるイチロー選手。



しかし最後の試合でもイチロー選手がヒットを打つ事は無かった。



会見でも「打ちたいと思った」と。



ボクサーでも野球人でも一流選手は頭の方よりも感覚的に優れている部分が大きいはずです。



脳内に雑念があって集中しきれるはずもなく、ゾーンに入る事もなく勝てるレベルではない世界。



【考えるな!感じろ!】です。



不調が故に考える。考える事によって感覚が鈍り、更に不調に。また考える。

【不振】【疑念】その連鎖。



これが【スランプ】。



日本一、世界一とも言えるイチロー選手であっても自分の心をコントロールする事の難しさを最後に見せてくれたように思いました。



東京ドーム中のお客さんがスタンディングオベーションで称えたレジェンドイチロー。



これが世界中の多くの人々に勇気と感動を与え続けてきたイチロー選手の因果。



でも、人生はまだまだ長い。常に自身を、人生を客観視して戦い続けてきたイチロー選手の今後に幸多き事を祈ります。



【勇気と感動】をありがとうございました。



イチロー選手お疲れ様でした。

カテゴリ:高橋イズム | 20:01 | comments(0) | - | - | - |
【調和】

僕が会員や選手にボクシング技術を指導するときに大切にしているのが、リズム、正しい構え手足のタイミング合わせバランス、自然体に近づく為の脱力です。

 

 

 

その他にも視野の広さ客観視するスキルなども必要です。

 

 

 

これらがうまく機能しているときは【気持ちがいい】ものです。

 

 

 

フォームやタイミングがでたらめでもバンバン打てばそれなりに気持ちよくストレス発散にはなるかもしれません。

 

 

 

しかし、正しい打ち方や動き方で感じる気持ちよさとは次元が違います。

 

 

 

音楽に体を合わせて踊るダンス。

 

 

 

音楽に合わせて歌うカラオケ。

 

 

 

大自然の波に乗るサーフィン。

 

 

 

どれも上達向上すればするだけ気持ちのいいものです。

 

 

 

 

すべては【調和】による心地よさだと思います。

 

 

 

相手に対する思いやりや優しさを高め、自我やエゴを弱め、人と人が調和する。

 

 

 

そこに【幸せ】や【平和】があるように思います。

 

 

 

地球も宇宙もすべては調和の方向に進むべきであり、それを怠り崩せば破壊や破滅が待っています。

 

 

 

 

すべては【調和】。

 

 

 

ボクシングを通じても感じる事です。

 

・心身の合わせ方

・メンタルの定め方

・スランプ(壁)の乗り越え方

・古武術的身体操作

・脱力法

・基礎パンチの向上

・応用技術戦術

・呼吸法

・マインドフルネスなど

 

パーソナルボクシングコーチも承ります。

コチラ

カテゴリ:高橋イズム | 17:46 | comments(0) | - | - | - |
プロセス。

結果より過程が大事。ゴールよりプロセスが大事。

 

 

 

よく言われる言葉ですが僕も同感です。

 

 

 

なぜ結果より過程が大事なのか?

 

 

 

結果には喜びや快楽があります。しかし、その前に、その過程にこそ【成長】があったはずです。

 

 

 

僕は試合の勝ち負けよりも【成長】や【感動】を重んじます。

 

 

 

成長したときの試合は負けても感動します。でも成長してないときの試合は勝っても感動がないものです。

 

 

 

試合の勝ち負けや感動は過程の【結果】なんです。

 

 

 

【過程】=【人間的成長】だと思います。

 

 

 

極論を言えば人間的成長こそが人生の意味であり、あらゆる結果でさえも人間的成長を促す為の過程に過ぎないのだと思います。

 

 

 

苦しみや悩みも人として成長する為のプロセス(過程)なのだと思います。

 

カテゴリ:高橋イズム | 18:09 | comments(0) | - | - | - |
自分から離れる。

人や物事を変えるのは大変ですが、自分を変える事は自分次第で可能です。

 

 

 

そして悩みを客観して【あるがまま】に観られるようになると苦しみや悩みは軽減します。

 

 

 

自意識や私心を離れた客観や俯瞰が物事を【あるがまま】に捉える為に必要なんだと思います。

 

 

 

松下幸之助さんが言われる素直な心に通じる事だと思います。

 

カテゴリ:高橋イズム | 19:04 | comments(0) | - | - | - |
日々精進!

ものごとを【あるがまま】に観るとは自分の思い込みや固定観念、私心や損得、感情のフィルターを通さずに観るという事です。

 

 

なかなか難しいですが、昨晩、その感覚がはじめて掴めて感動しました。(^^)

 

年始に掲げたテーマです。日々精進!

カテゴリ:高橋イズム | 01:02 | comments(0) | - | - | - |
わがままとあるがままの違い。

わがままは身勝手な欲望。

 

 

 

あるがままは本当の自由。

 

 

 

人や社会に迷惑をかけるのがわがまま。

 

 

 

自分も人も状況もすべてを受け入れ許せるのがあるがまま。

 

 

 

我慢は抑圧。

 

 

 

あるがままなら気にならない。

 

 

 

あるがままには苦しみがない。

 

 

 

苦しいのはわがままだから。

 

 

 

だと思います。

 

TPC

カテゴリ:高橋イズム | 21:19 | comments(0) | - | - | - |
高橋パーソナルコーチ。

これまで選手、会員、友人、知人、多くの悩み相談を受けてきました。

 

 

44年間、自身の半生とボクシングを通じて様々な事を学んできました。

 

 

人はどうすれば幸せになれるのか?克てるのか?【因果の法則】【波長の法則】など人生の法則を追求し続けてきました。

 

 

試験に落ちた。人間関係で苦しんでいる。お店の経営がうまくいかない。恋人とうまくいかない。失恋して辛い。気持ちが安定しない。執着が手放せない。子育てがうまくいかない。吃音で悩んでいる。進路に迷っている。人の目が気になる。

 

 

様々な方と向き合い、対話し、苦しみや悩みを軽減する事ができました。

 

 

ボクシング指導の他に、僕に【今できる事】がここに在るように思います。

 

 

自身の学びと経験を通して苦しみや悩みをお持ちの方の心を救いたい。助けたい。その思いは日増しに強くなっていきました。

 

 

ジム一階の元関たこを改装し、悩み相談のできるプライベートスペースを作りました。 これまでモニター価格で7名ほど受講して頂き、皆さんからは「苦しみが30パーセント以下になりました」「希望が見えて心が楽になりました」など、ご好評を頂いており嬉しい限りです。

 

 

上記の皆さんと同じように清々しい笑顔で帰って頂けるように誠心誠意心を込めて向き合わさせて頂きます。

 

 

問題は解決し、幸せになる為にあります。 

 

 

一日限定1名までですが、ご興味のある方はお気軽に  kanmonjapan@moji-fitness.com までご連絡ください。お待ちしています。

 

カテゴリ:高橋イズム | 20:58 | comments(0) | - | - | - |
何度でも。

 

苦労なくして成長なし!苦しみは因果応報で自分の蒔いた種ではありますが、そこから学び気づけば大きな成長と幸せがきっとあります。

 

 

逃げれば、また振り出しに戻るだけです。



やり過ごすか?逃げるか?乗り越えるか?選ぶのは自分次第。

カテゴリ:高橋イズム | 16:25 | comments(0) | - | - | - |
悩み相談。

今日は今年初のTPCで約3ヶ月前に来られた方の二度目のご相談でした。

 

苦しみや悩みというものは「自分」があるからこそ起こる心の状態です。

 

人間は涌き出る妄想や雑念に常に振り回されて生きています。 その「自意識」から少し離れて妄想や雑念を自覚するとそれらが消えて本当の現実が見えてきます。

 

約一時間のパーソナルコーチ。妄想や雑念を止めて今ここに集中する術や心の在り方を伝えさせて頂きました。

 

 

悩みの対象となるモノへの執着を手放してしまえば、例え現状が何も変わらなくても苦しみは乗り越えられます。

 

 

妄想や雑念が沈まれば頭はすっきりし、気分も良くなり、恋愛や結婚などの人間関係も良くなり、仕事や勉強もはかどります。

 

 

二度目のご相談だったので前回より高度な話になりましたが、その方は希望を胸に清々しい笑顔で帰られました。

 

 

心から求める方には全力で向き合います!伝える力とその熱さには自信あります!

 

カテゴリ:高橋イズム | 12:47 | comments(0) | - | - | - |
継続。

ジム第一号の選手兼トレーナーをしていた白石が数年ぶりに帰郷して家族と遊びに来ました。(^^)

 

 

前日からもLINEでやりとりしてて今日もたくさん話をしました。

 

 

白石はジムを去ってから保育の道、そして青年海外協力隊でアフリカに数年、帰ってきてからは東北の復興地域に行っています。これはジムで学んだ「人の為に」という思いからです。

 

 

しかし、白石は僕に言います。「会長のそばにいてまだ乗り越えてないものがあります」

 

 

「逃げないという課題です。アフリカでも、東北でももうだめだと思うときがあったけど乗り越えてきました。だからもう乗り越えてるかもしれないけど…」と。

 

 

僕は言いました。「乗り越える人間と逃げる人間の違いは幼少期や親から刷り込まれた心の習慣やネガティブな思いの切り替えがうまいかそうでないかやぞ」と。

 

 

人間関係、仕事、スポーツ、どんな分野でも不平不満や怖れ、嫉妬、怒りなどを常に持つ習慣があれば長続きする事はなく、そこに壁が必ず表れて弾き返されます。

 

 

壁を破るとはそういった概念や在り方を覆す事だと言えます。

 

15年前には自分の事しか考えられずにジムを去ったと言う白石は「人の為に」15年間生きてきた。家族も作って守る者もできた。

そして今、もう一つの課題が表れている。

 

 

「強い正義感」からくる「不満」「怒り」「雑念」「妄想」。

 

 

これらは人生のブレーキになる。

 

 

人は皆、自身の持つ概念で苦しんでいる。でも、そこに必ず成長がある。

 

 

僕はそれに気づいて伝えていきたい。

 

カテゴリ:高橋イズム | 18:00 | comments(0) | - | - | - |
<< | 2/108PAGES | >>