<< 関門JAPANYouTubeチャンネル【縄跳びのコツ】 | main | 関門JAPANジュニアスクール。 >>
チェンジ濱島引退します。

チェンジ濱島引退致します。

 

 

プロで7年。石井の穴を埋める為に入ったトレーナー業も5年となりますが、こちらも6月いっぱいです。

 

 

一番はじめにジムにお母さんに連れられてやって来た濱島(中2)は一言もしゃべる事のない根暗ボーイでした。

 

 

高校でバレー部に入り、退部してジムに戻ってきた濱島(高2)は見違えるように明るくなっていました。

 

 

その日から濱島は僕のボケに的確なツッコミを入れてくる才能を発揮し出しました。

 

 

「人間ってやっぱり経験が必要なんやな〜」と思ったのを鮮明に覚えています。

 

 

試合として印象に残っているのは新人王戦での数試合と濱島のベストバウトとなった

 

日本ユース王座決定戦「クドゥラ金子VSチェンジ濱島part2」です。

 

 

プロ戦績17戦10勝(4KO)6敗1分

 

 

感動させるようないい試合も、ガックリするようなしょーもない試合もありました。

 

 

それらはすべて濱島の心(波動)から出てくるモノであり、濱島はそれを体験し、成長する為に僕の元にやってきたのだと思っています。

 

 

自分の世界は自分が創る

 

 

身をもってこれを経験した事こそがボクシングをやった何よりの価値だと思います。

 

 

高校生からジムトレーナーと選手で、ジム以外を知らない濱島なのでこれから外の世界でいろいろ学んでいく事になります。

 

 

関門JAPANで学んだ事を生かして、人として大きく成長していく事を切に願っています。

 

 

今までチェンジ濱島を応援して頂いた皆様、そして会員の皆さん、濱島が本当にお世話になりました。

 

 

心よりお礼申し上げます。

 

 

 

以下は濱島本人の記事です。

 

 

 

 

【ご報告】

 

チェンジ濱島はプロボクサーを引退します。

 

突然の発表ですが理由は目の怪我です。

 

眼筋損傷して二重に見える中、この2年間は試合をしていました。しかしこの状態でリングに上がる事に迷いが出てきました。この気持ちと体でリングに上がるのは難しいと判断しました。

 

どんな時も指導して下さった会長をはじめ、先輩方、後輩たち、スポンサー様や家族、ジム会員さんや友達、沢山の方々に支えられて歩んだ7年間。本当に幸せでした。

 

ボクシングやって良かったと心の底から思えます。

 

今後についてですが…6月いっぱいでジムを退職し就職する予定です。

 

これからは濱島悠紀として第二の人生を歩んでいきます。

 

最後になりますが…沢山の応援やご支援していただき本当にありがとうございました!!!

 

関門JAPANボクシングジム 

チェンジ濱島 17戦10勝(4KO)6敗1分

 

 

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 21:24 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする