<< 今、大切な事。 | main | 志村けんさん。 >>
今こそ、思考を現実化させるとき!

今日明日と、東京大阪での週末外出自粛が行われています。

 

 

都内での感染者は日に日に増加しています。

 

いつ収束するのか見通しは立っていないという先程の会見。

 

 

ボクシング界で言えば、試合のできないボクサー達。興業の打てないプロモーター。

 

 

イベント業、飲食業、サービス業など、それらに関わるすべての人達。

 

 

そこには【怖れ】【不安】【怒り】【欲望】というネガティブな思いが渦巻いている事だと思います。

 

 

先が見えない不安に圧し潰されて自殺したという話もあります。

 

 

基本的に人の選択を否定はしませんが、スピリチュアルな観点から自殺だけはやめた方がいいと思います。

 

 

楽になれると思って死を選んでも、今の苦しみや恐怖といった波動が固まったまま次の世界に移行するらしいからです。

 

 

それなら、どんなに大変でも死ぬまで生き抜いた方が圧倒的に素晴らしい経験になります。

 

 

僕が社会にもボクシング界にもずっと感じてきた【成果至上主義】【物質至上主義】の息苦しさ。

 

 

だから僕は、ボクシングを通じて【人間的成長】をジム会員や選手達に、そして微力ながらもプロボクシングで【勇気と感動】という波動でボクシング界や社会を少しでも変えようとしてきました。

 

 

だけど、ボクシングに興味のない人も多くいて「正直もうボクシングだけではラチがあかない」と思いました。

 

そこでジム会員以外にもそれを伝える為に始めたのがメンタルコーチングでした。

 

 

僕の指導するボクシングは理論的でテクニカルな部分も当然ありますが、感覚的なスピリチュアル的な部分の方がかなり強いです。

(この部分は近々YouTubeであげてみたいと思います)

 

 

今の僕のボクシング指導はボクシングというツールを通じて行っている人間的成長の為の瞑想指導みたいなものです。

 

 

それはボクシングを通じてずっと人生の意味を考え続けてきたからこその進化です。

 

 

  ボクシングの中にも、ジム経営を始めるときにも怖れや不安はありました。

 

 

先人のいない下関という場所でプロボクシング興業を行うときにはもっとありました。

 

 

僕は幼少期から吃音があったので日々恐怖との戦いでした。

 

 

「こんなに苦しいなら死んでしまいたい」と思う事もありました。

 

 

そんな怖れや不安を多く味わってきたからこそ、それを乗り越える在り方や術を知る事ができました。

 

 

それを伝えたい。いや、今こそ伝えるべきときなんだと思っています。

 

4月、第1回「関門ドラマティックセミナー」(少人数)やります!!

 

 

怖れや不安といった苦しみの原因は外側(コロナや経済難)にある訳ではありません。

 

 

それはあなたの内側にあり、そして、それは変える事ができます。

 

 

波動(感情)が整うと、思考が前向きになり、物事のとらえ方が良くなります。言動や行動が良くなると状況や環境といった現実も良い方向に創られていきます。

 

 

これが逆になっていたら・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

あなたの悩みや苦しみを大幅に減らしたいと思います。

 

 

一人が変われば集合的無意識で繋がっている10万人が変わるなんて聞いた事があります。

 

 

そう考えると・・

 

 

救世主はあなた 

 

 

かもしれない訳です。(^^)

カテゴリ:高橋イズム | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする