<< コーチング。 | main | 当スパーリング大会の主旨。 >>
動じぬ心。

今回の所用で秋田県へ向かう行程は、宇部〜羽田 羽田空港で乗り継いで 羽田〜秋田 でした。

 

 

僕は子供の頃から酷く乗り物酔いをするので遠出するときは酔い止めの薬を飲んで行きます。

 

 

が、宇部空港に入って薬を忘れていた事に気づきました。

 

 

宇部〜羽田までもぼちぼち揺れたので案の定酔いました。

 

 

また1時間後に羽田から秋田に飛ぶので羽田空港に着いて、酔い止めを探すものの空港内にドラッグストアはなく「どーーしよー」って思いましたが「よし!瞑想やってみよう」と覚悟を決めました。

 

 

秋田に向かう機内はエアポケットで急激に落ちたりと宇部〜羽田間以上に揺れました。

 

 

が、瞑想を続ける僕の心は揺れませんでした。

 

 

心の中に湧いてくる【嫌悪】【不快】【不安】【怖れ】に気づき手放していきました。

 

 

約1時間のフライトでしたが、あっという間に着いた感じがし、まったく酔いませんでした。

 

 

秋田空港に着くと今日から二日間アテンドしてくれる元選手の白石が出迎えに来てくれていました。

 

 

 

飛行機の揺れが人生のあらゆる出来事や苦難とするならば、どんな状況にあっても影響を受けぬ自分があれば揺れは【ただの揺れ】でしかありません。

 

 

 

僕は再確認しました。

 

 

幼少期のバス遠足などで酷く酔って吐いていた苦い記憶が僕の中にあり、乗り物に乗るときに【不安】や【嫌悪】が湧き起こっている事に。

 

 

あらゆる事象に対する反応は人それぞれであり、トラウマや幼少期の経験によるものが悪い感情や思考といった反応を引き起こしている事に。

 

 

その反応の因を【認知の変化】や【気づき】で改善していく事が成功や幸せな人生にしていく為には大切なのだと思います。

 

 

 

酔い止めを忘れたおかげでまた一つ気づきました。(^^)

 

わるいごはいねが〜!!

 

少し観光も。

 

 

世界遺産となっている秋田の原生林。

 

カテゴリ:高橋イズム | 21:33 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする