<< バーニング石井(関門JAPAN)VS川名北斗(白井・具志堅) | main | (ジム会員通信) GWのお休み。 >>
関門ドラマティックファイトvol.10 対戦カード。

遂に関門JAPAN全対戦カードが決まりました!

 

 

まずは・・

 

 

 

ウエルター級6回戦

 

チェンジ濱島(関門JAPAN)

 

 

VS

 

 

松坂拓哉(石神井)11戦6勝(6KO)5敗

勝った試合はすべてKO勝ちという、濱島にとっては初の本格派サウスポー。

 

 

 

前回の敗戦から学んだ事がきっと生きる!

 

 

 

失敗を怖れる事なく挑む事。

 

 

 

ストレートボーイ、チェンジ濱島がチャンピオン目指して再始動!

 

 

 

 

 

 

バンタム級8回戦

 

 

ジャンプ池尾(関門JAPAN)

 

 

 

VS

 

 

 

吉村祐紀(フジタ)14戦8勝(2KO)3敗3分

元全日本新人王。

 

 

 

ブランクはあるものの、前回の関ドラ9での試合で感覚を取り戻していればジャンプにとってかなりの強敵だ。

 

 

 

ジャンプも後楽園ホールでの敗戦から学んだ「強気」を胸にこの試合に臨む。

 

 

 

久々に感動を呼ぶ男ジャンプ池尾が見られるか?!

 

 

 

 

 

58キロ契約8回戦

 

フィーバー真木(関門JAPAN)

 

 

 

VS

 

 

 

小澤有毅(筑豊)16戦11勝(2KO)5敗

元全日本新人王で西部地区の日本ランカーとして活躍してきたが東京に行ってからは連敗が続いていた。

 

 

 

前回の広島興行で復活を果たして、この試合に臨む。

 

 

 

フィーバー真木は二度、新人王戦に挑んだものの手の届かなかった新人王。

 

 

 

真木にとって元新人王である小澤選手との戦いは自分自身へのリベンジ。

 

 

 

克て!フィーバー真木!!

 

 

 

 

 

そして・・

 

 

これまで数々の、感動試合を巻き起こしてきた

 

Mr.関門ドラマティックファイトの・・

バーニング石井引退セレモニー

 

バーニング石井最後の激闘in後楽園ホールはコチラ

 

 

最後のバーニング石井激闘PVや入場、バーニングな話、感動のテンカウントなどお見逃しなく!

 

 

※バーニング石井への花束贈呈のご希望があれば事前にお申し込みよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

関門ドラマティックファイトvol.10メインイベント8回戦

 

日本ライト級3位、東洋太平洋OPBFライト級2位 

関門のとらふぐ アクセル住吉(関門JAPAN)

 

 

VS

 

 

日本Sフェザー級14位、OPBFSフェザー級13位 10戦10勝(6KO)無敗 

 中有利(Gツダ)

大阪で行われた西軍代表決定戦でファイン新井(関門JAPAN)との激闘を制し新人王まで登り詰めた勝負強さを持つ中谷選手。

 

 

 

しかし、アクセル住吉はチャンピオンベルトまで、あと一歩。

 

 

いつも敵は己の中にあり!

 

 

素直!謙虚!感謝!!

 

 

 

一戦一戦に全力で臨み、成長を止めない事!

 

 

 

そこにチャンピオンへ、そして真の幸せへの確かな道がある!

 

 

 

 

※その他、四回戦の試合が一組組まれております。

 

 

 

 

      さあ!今回も激熱なカードが決まりました!

 

 

 

 

下関、関門地区を元気に!

 

 

 

 

 勝負する奴は面白い!!

 

 

 

 

今、多くのボクシング関係者やファンから注目を集めている関門ドラマティックファイト!!

 

 

 

 

選手達が懸けてきた様々な思いがリングの上で爆発します!

 

 

 

 

その勇気と感動を存分にお楽しみください!!

 

 

関門ドラマティックファイトvol.10

 

日時:2017年6月4日(日)PM12:00開場 PM13:00試合開始

 

場所:海峡メッセ下関イベントホール

 

 

https://www.facebook.com/events/278860889238506/

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 01:54 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする