<< サクちゃんに音楽の才能・・ | main | サクちゃん納豆が好き!の巻。 >>
今日のジュニアスクール。


今日のジュニアスクールも腕振り体操、呼吸法を終えて座禅で心を静めて「心の勉強」を少し。

以前、ジムに通っていた下関の高校生が自ら命を絶ったという話を二日前に聞いた。(理由は又聞きなのでここでは書きません)

人は逆境や試練に遭ったとき、気持ちが落ち込んだり、波長が落ちたりする。僕だってそうだ。

人生において様々な喜怒哀楽を味わう事は人として成長する為に大切な事だと思っている。

だけど、そのネガティブな思いや感情を長く引きずるか、早く解決法を探して、その思いをプラスのエネルギーに変えるかは人としても、経営者としても、ボクサーとしても、大きな違いだと思う。

僕の解決方法は・・1自分で考える 2仲間や友人と話す 3本を読む 4あらゆる分野からのメッセージを探す 7動いてみる 6少し時間を置く などだ。

子供や学生が解決するには難しい問題も起きるだろう。だけど乗り越えられない試練は訪れないはずだ。

だから自分だけで抱え込まずに、周りの大人に助けを求めればいいんだと思う。本当に苦しいときは、それを打ち明ける事も、助けを求める事も、勇気がいるもんだ。

だけど、絶望も限界も、自身の考え方や概念においてのモノであり、他の人であれば乗り越えられる考えや概念があったりする。

だから僕は、とにかく人に話を聞く。しっくりと来ない意見をもらうときもあるけど、それでもいろんな人にいろんな意見を聞く。

いい答えがなかなか見つからなくても人に聞いてもらって話しているだけでも、気分はだいぶ違う。

いつか「これだ!」と思える答えが見つかったりする。

だから苦しいとき、辛いとき、一人で抱え込まずに打ち明ける勇気や助けを求める勇気を持とうと話した。

現状を認めたくないという思いもあるはずだ。そんなときは「受け入れる勇気」がいる。受け入れるからこそ、次にどうするかという前向きな考え方ができる。

ジムではジュニアスクールの「心の勉強」のようにゆっくりと話す時間がいつもある訳じゃない。

それでも今日は空いた時間に若い子達を集めて何度かそんな話をした。

僕は僕なりの「今できる事」で伝えていこうと思っている。悩みがあるならいつでも聞きます!


ロードワークの後、アクセルコーチによるボクシング指導。




ミット打ち。切れのあるナイスパンチ!(^^)


どすん!と重いパンチ。(^^)


最後はスパーリング3分一本勝負の「イッポン」。今日は盛りだくさんのメニューでございました。(^^)/       会長

カテゴリ:門司フィットネスボクシングジムin下関 | 00:51 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする