スマイル渚(関門JAPAN)VS鈴木月歩(黒崎カナオ)。

約半年前のスマイル渚デビュー戦は女子選手不足という事もあり、相手は8戦目となる選手だった。

 

 

初試合で8戦目の選手とやるか?やらないか?僕も迷ったけどスマイルの返事は「やります!」だった。

 

 

この試練には僕もかなり力を込めて指導し、本人の努力もあって確かな成長を見せ、十分に勝てる状態まで来たと思っていた。

 

 

ただ一つ心配なのはデビュー戦での緊張。

 

 

一生に一度しか味わえないデビュー戦。

 

 

勝っても負けても経験!

そんな思いで臨んだデビュー戦は極度の緊張から序盤にダウンを奪われ、それがまさかの眼窩底骨折だった。

 

 

その後、練習してきたカウンターでダウンを奪い返すものの、レフェリーの判定はスリップ。この判定がダウンであれば試合はドローだったが緊張のデビュー戦は判定負けという結果になった。

 

 

救急車で運ばれ、その後に眼窩底骨折の手術をし、治療とリハビリをしての再起戦。

 

怪我や故障も多いスマイルだけど一度として辞めるといった弱音を吐いた事はない。

 

 

家族に勇気を与えたい。自分と同じような問題を持った人達に勇気を伝えたい。

 

 

いろいろと諦めてきた渚には「諦めない」という思いで、みんなに勇気と感動を伝えたいという思いもある。

 

 

スマイル渚は関門JAPAN初の女子ボクサーとして多くの問題を乗り越え、このリングに戻ってきた。

 

試合数日前に、眼窩底骨折の怖さやまた緊張してしまうかもしれないという不安などを聞いて、その怖れを解消し、心のブレーキは外れた。

 

 

それでも二戦目で平常心というのは難しい。

 

 

この日の為にやってきた緊張を和らげる呼吸法を。

 

デビュー戦より、かなり進化しているスマイル。

 

 

今回は落ち着いてる。が・・

 

対戦相手の鈴木選手はデビュー戦だけど、とても気が強く、打たれても打たれても前に出てくる。

 

 

その圧力で練習でやってきたボクシングはできていないけど、まだプロ二戦目!気持ちで負けてるようじゃ先はない!

 

 

今年のテーマ「強気」が目の前に現われて渚を試してきている。

 

最終ラウンドへ入るインターバル。

 

 

「ここまで勝っとるとは思う。やけど最後のラウンド取られたら分けるかもしれん。勝ちと引き分けは雲泥の差や。渚、家族の為に勝つんやろ?」

 

 

「はい!勝ちます!!」

 

両者1ラウンドからずっと手を出し続けてかなり消耗している。

 

 

ここからはどっちが勝ちたいという思いが強いか、そこだけだ。

 

練習中、気持ちが足りん!最後に気持ちが出るんや!!と何度も叱ってきた。

 

 

その渚が、最後の力を振り絞って、顎を引いて前に出て最後まで果敢に打ち合った。

 

 

前回の眼窩底骨折の影響があり、右ストレートを思い切り打ち抜く事が出来ずダウンは奪えぬままに試合は終わった。

 

判定を待つ。

 

 

2-0 勝者!赤コーナー!!スマイル渚ーー!!

 

 

長かったこの半年間。スマイル渚に光が差した瞬間だった。

 

 

家族も泣いて喜んでくれて本当によかった。

 

 

心配ばかりかけてきた渚だけどやっと親孝行ができたと思う。

 

今回のボクシングは50点。だけど強気の鈴木選手に気持ちで負けずに競り勝ったので100点!技術や戦術はこれから使えるようになる。この試合だけは勝つ事に意味があった。

 

 

初戦の負けがなくて、この試合に勝てただろうか?

 

 

初戦の負けがなくてこの成長と感動があっただろうか?

 

 

逆境こそ成長のチャンス!災い転じて福となす!変毒為薬!!

 

 

まだ四回戦の二戦目だけど、そこには人間的成長という確かな勇気と感動のドラマがあった。

 

 

 

諦めない!乗り越える!成長する!関門JAPANが伝えていきたい事。

 

 

スマイル渚はきっとそれを伝えられる真の女子チャンピオンになれると僕は思っている。

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 15:34 | comments(0) | - | - | - |
関門ドラマティックファイトvol.12協賛企業。

下関から勇気と感動を世の中に伝え続けていけるのも皆様の応援(愛)あっての事であると心より感謝しています。

 

 

今回からポスタースポンサー以外の協賛企業様もアクセル住吉PVの前に掲載させて頂きました。(DVDにも収録)

 

 

大会DVDが今月末〜来月頭に完成予定ですので、お礼状と共にお送り致しますので今しばらくお待ちください。

 

以下は関門ドラマティックファイトvol.12を応援してくれた企業様です。

 

 

ポスタースポンサー10社

 

株式会社ネクステージ 

 

林兼冷蔵株式会社 

Toc&Co.

株式会社山口   

山水物産株式会社  

大連弘安商貿有限公司

Honda Cars 山口   

LOVE COLOR  

緑都開発株式会社  

株式会社エス トラスト

 

 

株式会社はる工作所

ナイガイ建装有限会社

おさかな大将たいら

博多長浜ラーメン敦敦敦 

 

株式会社アカマツ興産 下関中央魚市場株式会社

 園田内科胃腸科医院 万生産業株式会社 

株式会社ASK 有限会社ホームケア彦島

 株式会社一条工務店  シバタ整骨院

 SKY 酒のフロンティア綾羅木店 

株式会社ミナト 

田中石材株式会社 株式会社中尾保険サービス

 (有)毎日新聞綾羅木ニュースセンター

 写真のムラオカ 

株式会社三木鉄工株式会社なんでんかんでん

安岡病院 気功整体健気館 

株式会社エコプラン

株式会社ワールドジャパン 

合同会社コネクト 株式会社三和印刷

 あんず合同会社 株式会社トライアンフ

 西京運輸倉庫株式会社 

株式会社創和技建西部化成株式会社

 朝日新聞ASA下関豊浦 有限会社加藤産業

 帆足歯科医院 特別養護老人ホーム慈公園

  有限会社村上自動車 

有限会社西島モータース

 有限会社豊浦衛生社 竹島接骨院 

株式会社畑水産 株式会社吉田水産

日本料理つか佐  

有限会社しのはらゴフク ブラザーズジム

 有限会社門司地産 山鉄興業 徳心会

  オーシャンズしものせき若松事務所

もつ鍋居酒屋八兵衛

  株式会社MKオート フィットネスライフY

 シーモール下関  株式会社村上興業

 社団法人真生会合気道

志生整骨院

 ぱるむ整骨院 AKOはりきゅう院 

 

胡蝶  Member’sミラージュ

 泰斗らーめん 前田接骨院 富浦テント商会

 門司港運株式会社 和や 牛ちゃん

株式会社プランドゥ

 イーグル興行株式会社  中山歯科医院 

もみの木接骨院 塚本鍼灸整骨院 

アラジン下関店 MEMBER’S純

 ウォールテックエンドー株式会社 

あやらぎ第一整骨院

幸楽整骨院 下関タイヤガーデン 

下関自動車ガラス 株式会社トータルクリエイト

やなが整骨院 株式会社河久 

ThirdImpact 株式会社ライフキット

 レストラン東の丘カットスタジオACCESS 

魚町炭の家 シーモールパレス 

さこ整骨院  そのこのカイロプラクティック

 桂月 居酒屋GENBAR昭和

マツバラダンススクール

 中村シーリング工業 COME ON!FM  

 

(順不同)

 

 

本当にありがとうございました。     

 

        関門JAPANボクシングジム 

        会長 高橋正行

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 18:26 | comments(0) | - | - | - |
チェンジ濱島VSクドゥラ金子。part2

昨年の11月関門ドラマティックファイト11で対戦してから約半年。

 

 

日本ユースウエルター級初代王座決定戦としての再戦。

 

 

しかも濱島初のセミファイナル。煽りVTRも制作しての晴れ舞台。

 

 

前回は倒されない為の戦い方をした。関係者からはリードをついて距離を取った方がいいという指摘もあったが、その方法では前回の濱島では倒されてしまう危険性が非常に高かった。それは濱島の身の安全を守る為の戦い方でもあった。

 

 

それぐらいクドゥラ選手の身体能力は高くパンチも強い。

 

 

だから勝てぬまでも、面白い試合になるようにと取った戦法だった。

 

 

しかし今回はタイトルが懸かっている。

 

 

三か月前に決まったユースタイトル。前回は激しい打ち合いで会場を沸かせるものの判定はほぼ完敗で力の差は歴然だった。

 

 

どうすれば勝てるのかずっと考えてきた。

 

 

あるとき、それは降りてきた。

 

 

久留米まで出向き、九州のタイソンと呼ばれる別府選手を相手にその方法を試してみた。

 

 

手応えがあった。

 

しかし、その戦法を仕上げていく半ばで、減量の影響もあり濱島はいつも如く闇に落ちていく。

 

 

クドゥラ選手を相手に万全でなければ絶対に勝てない。

 

 

最善を尽くして、新たな方法も取り入れながら減量に臨んだ濱島。

 

 

減量はうまくいった。

 

 

しかし、戦法を仕上げ切らぬままに、試合まで、あと三日と迫り「ここしかない」と思った。

 

 

ジムトレーナーをしてる濱島と約1時間、会員さんが切れて話す時間ができた。それはボクシングの神様が与えてくれた時間だと思った。

 

 

濱島はある事に気づいて思い切り泣いた。

 

 

そして僕に言った。

 

 

「もう何も怖くなくなりました。信じて戦います!」

 

 

感謝。素直。信は力なり。

 

その瞬間からすべてが変わった。

 

 

体の動き、パンチの鋭さ、闘志と冷静さ、期待感。

 

 

もう以前のチェンジ濱島ではないフルモデルチェンジ濱島がリングの上にいた。

 

 

8ラウンド戦い抜き判定で敗れはしたものの、5ラウンドには上も下も効かせて、最後まで期待させる濱島過去最高の戦いを見せ、相手陣営に驚きを与え、会場中には感動を与えた。

 

 

今の濱島の120%は出せた。それでも今は勝てなかったクドゥラ金子選手は本当に強かった。

 

 

濱島の大きな変化にはフィジカルアップ、戦術技術の向上、そして「感謝」を知った上での人間的成長があった。

 

 

感動というモノは「やり方」では起こせない。心の「在り方」が体を、表情を、動きを、ボクシングを変え、会場中にその波動を伝える。

 

 

クドゥラ金子という過去最大の強敵が濱島を成長させた。だから勝負する奴は面白い。

 

 

勝ち負けという結果だけでは表せない「人間的成長」という一番大切なモノ。そこに人は感動し勇気をもらう。

 

 

関門の激闘王バーニング石井が引退した今、これを伝えられるボクサーに濱島は育っている。

 

 

「石井さんみたいな感動させられる試合がしたい」と言っていた濱島が石井みたいな試合をした。

 

チェンジ濱島はまだまだ変われる!まだまだ強くなる!将来チャンピンになれる!

 

 

これが関門JAPANのボクシング。これが関門JAPANが伝える勇気と感動。

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 02:17 | comments(0) | - | - | - |
関門ドラマティックファイトvol.12終了!

昨日の関門ドラマティックファイトベストバウトは「チェンジ濱島VSクドゥラ金子」この試合でした。やはり人間的成長とボクシング的成長の両方がなければ関門JAPANが目指す勇気と感動は起きません!濱島ナイスファイト!

 

眼科底骨折からの復帰戦で怖さの残る中、スマイル渚もよくやりました。初勝利に家族や友人知人が泣いて喜んでくれていたそうで本当によかったです。今日はスマイルの50パーセント。まだまだこれからです。

 

ジャンプ池尾の負けには理由があり、今回わかったその壁を乗り越えて欲しいと思ってます。そこに関門JAPANの勇気と感動がありますから。大きなジャンプの前には必ず大きく沈まないとジャンプできないものです。

 

住吉は序盤に拳を痛めながらの判定勝ちで日本タイトルへの道を死守しました。この一戦で薄々は気づいていた住吉の課題が明からになりました。これで日本タイトル獲得への可能性が大きく上がります。日本タイトルまで、あと一つ!そこに人間的成長が促されてます。

 

 

昨日は前々日からの寝不足と大会での疲労、ジムに戻ってからの選手達との反省会でお礼も投稿もできませんでした。また改めてお礼や投稿をしていきます。

 

応援に来てくださった皆様、応援してくれている皆様、本当にありがとうございました❗

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 22:27 | comments(0) | - | - | - |
マッチメーカーお薦めの…

今、人気のマッチメーカー清水さんには僕のこだわるマッチメイクの注文でいつもお世話になってます!そんな清水さんが「はずれなし!」とお勧めの選手がアクセル住吉であり、関門ドラマティックファイトです!以下をご一読ください!

 

 

2週間の間に 東日本、中部、西日本、西部 各地区の試合会場に足を運んでいる

5/1 以外は、なにかしらの試合を組ませて頂いて参加している

 

それぞれの試合会場に着くと馴染みのプロモーター、トレーナー と自然とボクシング話になり

そして、だいたい何処へ行っても聞かれる質問がある

 

「シミズさん沢山試合観てますねー

今、シミズさんが見て この子は世界タイトル取れるなっていう 有望株ボクサーはいますか? 」

 

さすがに皆さん情報収集能力が高い

既に次世代のスター候補に注目興味津々

 

しかし、明確な答えは持っていない

ボクシングの試合経験も無ければ トレーナーでもない

技術についても深く語れる訳では無いし、好みの選手でもベルトを巻けなかったボクサーを見てきたしね

 

「いや、僕には次のスターはわかりませんよ」

続いて

「でも、このボクサーの試合は面白い チケット買って試合観戦してもハズレのないボクサーなら何人か知ってますよ」

 

「へぇー 面白そうですね 誰ですか?」

 

「直近の試合だと

5/7 ピューマ渡久地ジムのデスティノ・ジャパン

5/13 関門JAPANのアクセル住吉 です」

 

「へー ..... ハズレ無いですか?」

 

「ハズレは無いです! 是非この二人の試合を生で見て下さい きっと今まで以上にボクシングが好きになりますから」

 

2018.5.7 後楽園ホール

日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦

©️細川バレンタインvs #1 デスティノ・ジャパン

 

2018.5.13 山口県 下関 海峡メッセ

ライト級8回戦

#2 アクセル住吉 vs #15 山口祥吾

 

勝負する奴は面白い!!

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 15:05 | comments(0) | - | - | - |
すべては愛。

アクセル住吉は幾度の壁を乗り越え遂に日本ライト級1位となりました。これも皆様の応援があって常に強敵との勝負を続ける事ができたからこその成果です。

 

 

が、しかし!本日発表の日本ランキング大幅改定という事で保留選手リストが撤廃され、元世界チャンピオン粟生隆寛選手(帝拳)がランキング1位にランクされ、住吉はまさかの2位に。※通常ランキング1位は変動しません

 

 

それでも今回の試合を制したアクセル住吉が「最強挑戦者決定戦」へ駒を進め、来年2月に後楽園ホールでの日本タイトル奪取が当面の目標という事は変わりません。

 

 

人生は思い通りにはいかない!だから面白い!成長の為に自分が思ってもいなかった事や経験が必要なら与えらえる。それは神様からの愛なんだって思ってます。(^^)

 

 

だから何をも怖れぬ心が大切です!

 

 

波長を落とさず、いつも感謝を忘れず前向きに穏やかに。

 

 

逆境の中にこそ成長がある!勇気と感動!勝負する奴は面白い!

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 00:47 | comments(0) | - | - | - |
チェンジ濱島 出稽古。

今日は九州のタイソン別府選手とのスパーリングにチェンジ濱島を久留米櫛間ジムに連れて行きました。

 

 

 

櫛間会長、別府くんありがとうございました❗

 

 

5.13の関ドラ12で前回対戦したクドゥラ金子選手とのリターンマッチとして日本ユース初代ウエルター級王座決定戦を戦う事になったチェンジ濱島。 前回は派手に打ち合い会場を沸かせるものの、判定は完敗。今回もう一度やっても勝つ確率は10%。

 

 

故にどうすれば勝てるのかずっと考えてきて、ここ数ヵ月チェンジの成長もあって、30%までは上げました。 でも、まだ勝てない。ここ数日である気づきがあり、にわか仕込みながら今日はその成果を試してみるスパーリングになりました。 まだまだ修正点はあるものの、勝つ確率は40%まであがりました。修正して、もっとある場所のスタミナを上げれば50%もしくは60%まであげられます!

 

 

10%から60%まで!やはり勝負が厳しいと本気になって成長が高まります!

 

 

関門JAPANはリターンマッチに今まで負けた事がありません!

 

 

関ドラ12セミファイル 日本ユース初代ウエルター級王座決定戦 チェンジ濱島VSクドゥラ金子 ご期待ください!!https://www.facebook.com/events/1621727374601537/?ti=cl

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 20:25 | comments(0) | - | - | - |
スマイル渚 出稽古。

今日は関ドラ12まで1ヶ月を切ってスマイル渚を連れてスタービージムへ出稽古に行きました。

 

 

 

 

西重会長、長島さん、スタービーの皆さん、とてもいい練習になりました。ありがとうございます

 

 

 

前回は女子プロ選手難でデビュー戦で8戦目の選手と戦い、初回にダウンを奪われるものの、右ショートカウンターでダウンを奪い返しました。が、レフェリーはスリップと判断。しかし映像を見ると明らかなダウンです。これが正しく判断されていれば判定はドローでした。

 

 

 

しかし、これもなにかの因果。目も怪我したし、初戦でかなり緊張もしてたから仕方ない。過ぎた事は戻らない。大切なのはこれから!すべては成長の為に、今後のドラマの為にある!

 

 

 

僕はスマイル渚はチャンピオンになる可能性のある選手だと思ってます。

 

 

 

そんなスマイル渚の応援よろしくお願いします!(^^)

 


https://www.facebook.com/events/1621727374601537/?ti=cl

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 23:16 | comments(0) | - | - | - |
関門JAPANin鹿児島 3.11試合結果。

相徳選手(橋口)vsチェンジ濱島は・・

 

 

 

コンディションの悪い中、2ラウンドに左フックカウンターでダウンを奪い、4ラウンドにバッティングで目の上を切るものの、慌てる事なく5ラウンドに入り決まった右ストレートからのまとめでTKO勝ちを収めた。

 

 

 

次戦にクドゥラ金子との再戦を控えてのこの試合。

 

 

 

「今ここ」に集中する事。慌てずやるべき事をやった方がよい事。

 

 

 

幾つかの学びがあり、成長があり、次戦の日本ユース王座決定戦に臨める事に感謝。

 

 

 

橋口会長、相徳選手、ありがとうございました。m(__)m

 

 

ジャンプ池尾vs中野ウルフは・・

 

 

初のサウスポー対策にやってきた練習の成果もあり、序盤にダウンを奪って優勢に試合を進めるものの後半失速。

 

 

引き出しを出し切ってワンパターンになってしまい、後半にはダウン寸前まで追い上げられて2-0の僅差判定で勝利。汗

 

 

 

中野ウルフ選手はここ数戦で急速に力を付けてきていると思っていたとおりの強敵でした。

 

 

しかし、ジャンプ池尾1年半ぶりの勝ち。

 

 

昨年の関ドラ11のランカーとの敗戦から「覚悟」を強めて走ってきた事がこの僅差の勝利に繋がったのだと思います。

 

 

勝てる試合を引き分ける事の多かったジャンプ。

 

 

僅差の勝利。ここに大きな価値があります。

 

 

しかもチェンジ濱島とのアウェイ二連勝に僕も「よかった〜」って久々の安堵。

 

 

顔はボコボコだけど、勝って下関に帰れるので足取りは軽い。(^^)

 

 

二か月後に関ドラ12という事で「怪我なし勝利」を目指したけど、この大会では怪我が多くて関ドラ12に向けての練習が遅れてしまいます。

 

 

しかし、変毒為薬。

 

 

 

この状況をピンチと捉えず、チャンスであると考えています。

 

 

 

必ず成長の種がここには埋まっています。

 

 

 

関門ドラマティックファイト12に向けて、チェンジはフルモデルチェンジを!ジャンプ池尾もうひとジャンプ!

 

 

ジャンプ池尾はまたもサウスポー。高田篤志(J中津)と対戦が決まりました。しかも無敗。

 

 

今回の試合を糧にもうひとジャンプしてくれる事を信じてます。

 

勇気と感動のチケットはこちらから→関ドラ12チケット販売

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 19:20 | comments(0) | - | - | - |
関ドラ12セミ&メインカード決まる!

関ドラ12の初のセミファイナルはチェンジ濱島(関門JAPAN)!

 

 

13戦10勝(4KO)2敗1分

 

 

2017年から新設された24歳以下の日本ユースタイトル。

 

 

その日本ユース初代ウエルター級王座を懸けて対戦するのは・・

 

 

前大会でチェンジ濱島と真っ向勝負での打ち合いで会場を沸かせた・・

 

 

クドゥラ金子(本多)!!

 

 

6戦6勝(4KO)

 

 

アフガニスタ人で、アフガニスタンでの戦績も無敗。

 

 

前回の試合では激しい打ち合いを見せるもののポイント的にはチェンジのほぼ完敗。

 

 

「またいつか高いステージで戦おう」と約束していた二人だったけど、次戦がそれになるとは・・

 

 

彼の高い身体能力や外国人ならではのボクシングに勝つ方法や在り方を模索中です。

 

 

チェンジ濱島も、この難しいタイトルマッチに向け覚悟を決めて下馬評を覆す逆転勝利を目指すので、皆さんの応援の力を貸してください!

 

日本ライト級1位 OPBF東洋太平洋ライト級4位

 

 

アクセル住吉(関門JAPAN) 

 

 

16戦10勝(3KO)4敗(1KO)2分

 

 

岡崎、玉越、ネルソン、鈴木、徳永、ドロニオ、中谷、柳、タナダ、中川、中谷と強敵ばかりと戦い続けて、前回は日本ボクシング界のレジェンド佐々木基樹選手に競り勝ち、とうとう日本ランキングを1位にまで上げてきました。

 

 

この試合に勝利すると、10月の関ドラ13で1位と2位での「最強挑戦者決定戦」となります。

 

 

その為にも絶対に落とせないこの試合・・

 

対するは山口 祥吾(唯心)'14全日本新人王ライト級優勝(中日本敢闘賞) 

元日本ライト級14位 元日本Sライト級13位

 

 

16戦11勝(6KO)3敗(1KO)2分 

 

 

関門JAPANのファイン新井と新人王戦で戦い、最終ラウンドに逆転のダウンを奪って全日本新人王に輝いた山口選手も関門JAPANと同じく強敵を恐れず戦い続けている選手です。

 

 

前回の佐々木基樹選手同様、住吉のランキング1位を全力で狙ってきます!

 

 

今では追われる立場となったアクセル住吉ですが、一戦一戦「今ここに集中」し、あと三戦での日本タイトル獲得を目指します!

 

 

           下関の力をアクセルに!!

 

 

チケット好評販売中です!!コチラ

 

インターネットCMはコチラ

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 20:40 | comments(0) | - | - | - |
| 1/79PAGES | >>