新たな挑戦。

元は何かしらの商売をしていたというジム1階の店舗。



下関ジムをオープンした9年前からずっと閉まったままの開かずの扉を知り合いの合鍵屋さんに来てもらい、実家のスミヨシサイクルでシャッター慣れしているアクセルが錆びて開かなかったシャッターを開けてくれました。(^^)



現在はジムの倉庫。



ここでボクシング以外の商売を関門JAPANグループで始めます!
※関門JAPANグループとは、将来、引退した選手らと起こそうと考えているグループ会社の名前です。


9年前からシャターが降りていたこの扉が遂に全貌を表した!ちょっと感動。(T_T)


選手らの為に、ジムの未来の為に、下関の皆様の為に、新商売も絶対克つ!!


その詳細は近日公開!乞うご期待!!(^^)/         会長

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 20:52 | comments(0) | - | - | - |
本気なくして気づきなし。

相手の力を殺すボクシングをする難敵、柳選手対策をずっと考えてきました。


基本的に僕はあまり相手を研究しません。大体の感じさえ掴めればあとは各自のレベルアップ(成長)を図る事に重きを置きます。特に4回戦は。


崩れてしまったボクシングの改善をはじめ、先日気づきがあり、70点まであがりました。


それでも後楽園ホール(アウェイ)で難敵柳選手に勝つ可能性はまだ五分五分だと感じていました。対策練習をしてはいるものの、まだ確かな答えが見えない悶々とした中、ここ二日で様々なヒントが降りてきて、今朝の朝練で住吉がある試合のビデオを見ていたところに答えが降りてきました。


それを伝えスパーリングをすると、相手をしたバーニング石井曰く「次元が変わった」という向上が見られました。


住吉の本気と僕の本気が交わり、遂に85点にまで上がり、試合がグッと楽しみになりました。(^^)


いつもよりだいぶ早い段階での降臨でしたので、試合までどこまで煮詰めていけるのかがこの先の課題になります。明日の出稽古で更なる課題を見つけてきます。

 

       本気なくして気づきなし。         会長


僕の中にあるイメージを確実に伝える為には、毎日毎日話し合う事が大切。



気づきと努力。この両輪が必要。

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 23:40 | comments(0) | - | - | - |
アクセル住吉VS柳達也in後楽園ホールの詳細。

3.11 アクセル住吉(関門JAPAN)VS柳達也(伴流)ダイレクトリターンマッチin後楽園ホールの詳細です。


DANGA156&DYNAMITE PUNCH98 
日時:3月11日(金) PM17:45開始
メインカード:東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ 柴田明雄(ワタナベ)VS西田光(川崎新田)
VIP指定席12000円 S指定席10000円 A指定席8000円 B指定席6000円 先着自由席4000円
※本日よりチケット予約受け付けております。〆切2月19日


関門JAPANは変わらず成長主義です。前回の失敗を糧とし、必ず成長して強くなります。ボクシングの聖地である後楽園ホールへの記念すべき関門JAPAN初陣。皆様に、日本中に、勇気と感動をという思いも変わりません。 興行準備等で多忙の為、前回は出来なかったボクシングの追求を今回はしっかりとしています。有り難い課題を克服し、絶対勝つ!!   会長


居残り特練、1日合計12Rのミット打ちで腕がパンパン。(^^;) 


絶対勝つ!そしてタイトルマッチへ!
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 15:28 | comments(0) | - | - | - |
3.11アクセル住吉in後楽園ホールまで、あと39日。

走り込みを終え、昨日から強化スパーリングを始めた。


バーニング石井と3R。


続けてフィーバー真木と3R。ファイン新井と2R。


後楽園ホールでの再戦が決まり、前回の失敗をすべて洗い出し、改善をしていた。


しかし、昨日のスパーを見て「やばい」と思った。


     何も変わっていない・・


すぐにミットを持ち、僕が気づいた改善法を伝えると、「よくわかりました」と返答。


その後のミットでは劇的な変化があった。


そして今朝もバーニング石井と3R。



チェンジ濱島と2R。



フィーバー真木と3R。


昨日もやった石井、真木が驚く変化に手応えはバッチリ。


アウェイで勝つには圧倒的な差を付ける事が必要だ。


昨日のデキが35点。今日のデキが70点。まだまだ上げる!90まであげる!


思考の壁を破れば、劇的な向上(レベルアップ)が起こるからボクシングは面白い。


あの失敗や後楽園ホールでの再戦がなければ、こんなに本気にもならなかっただろう。


このリマッチは住吉がチャンピオンになる為に、住吉をチャンピオンにする為に、僕らに与えられた試練であり愛だ。


勝つ為には成長しかない。チャンピオンになる為には自身の壁を何度も打ち破る他に道はない。


失敗や様々な経験、知識が積み重なり「気づき」が起きる。気づけばすべてが変わる。


      すべては自分次第。


3.11が楽しみになってキター!!(^^)/          会長
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 19:12 | comments(0) | - | - | - |
走り込みラスト。

大寒波などがあって飛び飛びになりましたが3.11アクセル住吉in後楽園ホールの走り込みが昨日でラストでした。



みんな目標を持って自身の壁を打ち破っていきます。


壁にぶち当たったときこそ、苦しいときこそ成長のチャンス!


逆境は強さを養う!



3.11アクセル住吉in後楽園ホール。


柳達也選手とのダイレクトリマッチで東京にも勇気と感動を!


3.20フィーバー真木in宮崎。



バーニング石井とジャンプ池尾はランク獲り。



チェンジ濱島&チャンス望月が新人王戦にエントリー。



この前の負けが効いてか、チャンスがよく走っている。


すべてに意味があり、何一つ無駄はない。


ファイン新井はA級昇格。



苦労なくして成長なし!成長なくして成功なし!


H28年も、関門JAPANは絶対克つ!!         会長
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 18:06 | comments(0) | - | - | - |
走り込み開始。


試練のリマッチであるアクセル住吉VS柳達也in後楽園ホールに向け、また、A級昇格の掛かったフィーバー真木の3月20日in宮崎の試合に向けて、先日から走り込みが始まりました。


今日は冷たい小雨の降る中での走り込みでした。






新人戦にエントリーする者も、試合の決まっていない者も、常に自分に打ち克ち高めていく他にチャンピオンへの道は拓かれません。


自分に克つ!そして絶対勝つ!!      

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 14:55 | comments(0) | - | - | - |
ローチ仕様ミット。

僕がロスで見て注文していたフレディローチ仕様の特注ミットが届き、3月11日初後楽園ホール「アクセル住吉VS柳達也」のダイレクトリターンマッチに向けて、関ドラ7ではバーニングに力を注ぎ過ぎて、アクセルとはほぼやらなかった特練を開始しました。


絶対克つ!その思いを強く持ち、選手と共に成長を目指します!でも、このミット超〜痛いの!涙


ちなみにカラーは僕の好きなトリコロールカラーを少しマイルドにしたオリジナルカラーにしました。(^^)


安心して下さい。会員の皆さんには格安価格にてローチミットでお受けします。笑



小さくて軽いです。本来のローチミットは受け面がドーナツ型なんですが、ウイニング曰く、それはローチの特許的な感じがあって作れないそうです。
 
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 21:03 | comments(0) | - | - | - |
(お知らせ)興行日程の変更。
年賀状やDVDに付けた挨拶にも記載しておりますが、本年の関門ドラマティックファイトは6月5日(日)11月13日(日)に決定しておりました。


しかし本日、コミッションから電話があり、他ジムが11月13日しか会場に空きがないという事で変更のお願いがありました。※一日に一興行しかできません。


選手らにも話し、皆の意見も聞きましたが、これは僕に与えらえた「問題」なのだと思いました。


今年の僕の手帳には「初心」と書いています。自分本位な思いで生きて失敗した現役時代から学び、ジムを開くときに決めた「人の為に」という思い。


人としての成長こそが人生の意味だと信じる僕にとって、選手らや応援に来てくださる皆様にとってベストだと思って決めていた11月13日。しかし、ここを譲らなければこのジムの興行は無くなります。


変えないのは簡単。変えるのは勇気がいる。それならば勇気を出して変えてみようと思い、海峡メッセの空き状況を聞き、12月4日(日)に変更する事に決めました。


大げさに聞こえるかもしれませんが、運気や行事などもよく調べて日にちを決めていたので僕的には少し勇気がいりました。(^^;)

 
また今年も12月の忙しい時期になってしまいましたが、勇気と感動の関門ドラマティックファイト9!ご期待ください!  会長
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 16:02 | comments(0) | - | - | - |
バーニング石井(関門JAPAN)VSさくら淳(横浜さくら)試合内容。

バーニング石井、あの激闘勝利のガベハン戦から1年ぶりの試合。


その間に、ジムトレーナー辞職、就職、結婚、怪我による試合キャンセル・・と様々な事があった。


この一年間、石井にも僕にも多くの葛藤と学びがあった。


「チャンピオン」を目指す石井に「今の環境を変える事はチャンピオンへの道から遠のく事にならないか?」と反対もした。


そういう中で怪我をし、6月の興行では関門JAPAN初の試合キャンセルもしてしまった。


様々な出来事や思いが交差する中、石井も僕もそれらを乗り越えて成長した。


「絶対克つ(克服)」 この言葉を証明しよう。


そんな思いで、この強敵さくら淳選手を選び、この日の為に最善を尽くしてきた。


赤コーナー!関門JAPAN所属〜バーニング石井!!



第1ラウンド。



序盤からのさくら選手の猛攻にたじろぐ。



ダウンを奪われかねない猛攻にピンチの連続。



しかし、気持ちは絶対に折れない。


ここに至るまでの経緯や成長を考えれば、そう信じられた。


「大丈夫。勝負は後半からや。耐えろ。」


前半は耐えしのぐ。これもこの試合に向けて考えていた事だ。


第2ラウンド。



石井の右も入り出した刹那・・



さくら選手の左フックがカンターとなってダウン!


しかし、これで絶対に終わらない。終わる訳がないと僕は思っていた。


その後の猛攻を何とかしのぎ・・



第3ラウンドへ。



「まだまだ。勝負はここからやぞ」


ピンチはチャンス。諦めない限り必ず勝機は訪れる。


ダウンを奪い、ラッシュをかけたさくら選手に若干疲れの色が見える。



反撃返しののろしが上がった。



序盤の大劣勢を徐々に挽回していく。



第4ラウンド。



「よし!これまでやってきた事に嘘はない。いけるぞ!」


石井の課題「素直」。ずっと言い続けてきたこの課題を遂に乗り越えた石井。


それは皮肉にも僕が反対した「環境が変わる」といった事から生まれた成長だった。


仕事を変え、僕から離れ、仕事や僕に対する不平不満が、試合に対していつも不安や心配でいっぱいだった思いが・・「感謝」に変わった。


押せ押せムードに会場から石井コールが起こり出す。



ここからがバーニング劇場のはじまり!



相手陣営には悪いが、ここは関門JAPANのホーム。


大声援がバーニングを後押しする。


石井の右がバシバシ当たる。



さくら選手にもまだまだ力はあるが、どんなに攻められても必ず打ち返していくバーニング。



さくら選手の鼻血が酷い。


右ストレートで鼻が折れただろうと思った。


これで勢いが止まる!


第6ラウンド。



バーニング石井応援団にはたまらん展開。



だが、まだまださくら選手の強さは健在。



第7ラウンド。残すは、あと2ラウンド。



「まだ勝ち負けはわからん。やけど、今日は最高の試合しとるぞ!」


僕は、「人として成長する為にボクシングはある」と選手らに説き続けている。


石井は「素直さ」。僕はそんな石井を「認める事」に今回の成長があった。


二人に共通する気づきは「感謝」。


石井の努力、真面目さ、相手に対する敬意、気づかい、正義感・・


「素直さがない」この一点で石井をすべて否定してはいけない事に僕は気づいた。


最終ラウンド。



「この試合に向けてお前は本当に成長した。最高の試合や」


「もう勝ち負けはどうでもいい。やけど、勝ちたいか?」
          

勝敗はこのラウンド。そんな気がした。



     「絶対勝つ!!」









そして最後のゴングが鳴った。


全力で殴り合った二人に憎しみはない。


互いに全力を尽くして闘えた事に自然と笑みがこぼれていた。


そして運命の判定。


ジャッジ一人がバーニング。もう一人がさくら。


1対1。残る一人は・・


勝者!赤コーナー!バーニング石井!!


    おっしゃーーーっ!!


どっちが勝ってもおかしくなかった大激闘。


ただ、この試合に向けての思いと人としての成長は石井の方が上だっただろうと思う。


地元の利もあっての接戦勝利ではあるが、これは神様からのご褒美として有り難く頂こうと思う。


遠く関東から下関まで出向いてくれた横浜さくらジムの皆様、さくら淳選手、心が熱くなる試合をありがとうございました。


今回は勝たせてもらいましたが、またいつか後楽園ホールで闘える事を石井共々楽しみにしております。     


この大激闘のドラマに場内から大きな拍手が。



この後の「アクセルの応援に力がなくなった」と言われる程の大応援ありがとうございました。(^^)



勝者バーニング石井に勝利者インタビュー。


出るか?バーニングな長話。


「僕はチャンピオンになっても金に目もくれず、人として立派な人間になります!」


のコメントに、小さな笑いが起きていた。


気持ちはわかる。でも、そんなん言いよったら一生金持ちになれへんどー笑


バーニングな長話はコチラ


人としての成長がボクシングに表れる事を体現したバーニング石井。



目標のチャンピオンに向けて、確かな一歩を踏み出した。      next  アクセル住吉VS柳達也
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 21:02 | comments(0) | - | - | - |
ジャンプも書き初め。

仕事で初練習となったジャンプも書き初め書きました。(^^)



僕の今年のテーマは「絆」ですが、もう一つ大事にするように導かれているモノが「基本」や「初心」です。


「絆」もある意味基本です。


人としての基本、関門JAPANの基本、そしてボクシングの基本をもう一度見直し、基本自体のレベルアップを目指します。(^^)
カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 11:27 | comments(0) | - | - | - |
| 1/69PAGES | >>