精度。

会員、特に選手らに僕が強く要求する事は「精度」。ジャブ一つ、フック一つとっても、その精度の高さが、そのままコンビネーションや相手へのプレッシャー、自身の人間的成長というモノに大きく関係してくるからだ。

精度=クオリティ とも言える。 

そのクオリティの高さで「美しさ」や「格好良さ」が生まれる。これを「機能美」と言う。

機能美が生まれるまで、精度を上げる為には、弛まぬ探求と反復練習が必要だ。また、走る事で下半身が出来、上半身の力が抜けるようになる。

フォームがうまく出来ない人には共通の課題があるように思う。その課題はそのまま人としての課題とも言える。

逆に、センスが良く、すぐに格好のいいフォームを作れる者もいるが、弛まぬ努力を伴っていない限り、中途半端に格好いいだけのフォームでしかない。また、それはすぐに忘れてしまうという要素を含んでもいる。

ボクシング歴8年。指導歴11年。合わせて19年間探求して作ってきたフォームや技術戦術。

会員、選手達には、これらを余す事なく指導してはいるが、上達に近道はない。自らの弛まぬ努力なくして、本当の力は手に入らない。

根気や努力や探求心なくして、仕事も勉強も人生もうまくはいかない。

日々向上心を持って練習(人生)に取り組む事で精度は上がり、走って体の(動き)を良くする事で更にパンチの精度は上がる。そして何にでも通じる「頑張り力」を身につける為にも、昨日から門司ジムでは学生全員、ロードワークを開始した。ノルマは萩が丘球場10周。下関では住吉神社3周を課していこうと思う。(各自の判断で距離は伸ばしてください)

精度を上げる為に必要なモノ。「探求心」 「自制心」 「理論」 「イメージ」 そして「弛まぬ努力」。 僕の課題は「弛まぬ指導」! 天気のいい日は、みんな走りましょう!(^^)/ 会長

カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 12:20 | comments(0) | - | - | - |
(高橋ボクシング)ナチュラルタイミング。

以前に「門司フィットネスの選手はみんなリズムが良いですね」と言われた。それはたぶんコンビネーション時のパンチのリズムの事を言ったのだと思う。

そのタイミングはミットで何度も何度も繰り返し教えてきたモノ。

正しいフォームや基本的なタイミングを教える為にミットは必要だ。(僕は自力で覚えてきたが・・)

しかし中にはミットが受けられないような不思議なタイミングがある。

すなわち「ナチュラルタイミング」。

そういったモノが世の中にはたくさんある。

美空ひばりさんの歌なんか、あのズらし感が絶妙だと思うし、マイケルジャクソンもリズムのズらし方が凄いってダンスをされる会員さんが言っていた。

サッカー選手でも、ボクシングの選手でも、感覚の鋭い良い選手はみんな独自のリズムを持っている。

また、センスのいい選手やアーティストほど、絶妙にリズムをズらす。

そこに観る者や聴く者を惹きつける「魅力」も生まれてくるのだと思う。

僕も以前から普通のタイミングでパンチは打たない。しっかりズらすし、極力、裏で打つ

そんなタイミングを持った選手がいれば、そこに気づき、そこを伸ばし、それがない選手には意図的にそのタイミングを教える事ができたら・・ ボクシング・・まだまだ道は長い。   

人は皆違う。長所も短所も。エジソンの才能を誰より早く発見した母親のように、もっと広く大きく長い目で、それぞれが持つ可能性を見つけて伸ばしていきたい。  マサ

カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 20:08 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」サウスポー対策2。

サウスポーの苦手なボクサーは多いと思うが、僕はサウスポーとの対戦は得意だったので、うちの選手らも皆サウスポーとの対戦は得意だ。

まず一番大切なのはポジショニング。よく単純に言われる「サウスポーには左回り」って俗説もサウスポーを苦手にする原因。

また「サウスポーには右から」という俗説も同じくサウスポー嫌いを作る。

数年前に作り上げた「サウスポー対策」はもうほぼ完璧だとも思っていたが、いやいや、まだ奥は深かった。

様々な技術、カウンター、駆け引きを見つけたり、編出したりして、まだまだ向上の余地があった。

サウスポー一番の利は「希少性」。ボクサー総人口の中で絶対的に数が少ない為に、オーソドックスの選手がサウスポーと対する練習や試合より、サウスポーがオーソドックスと対戦する方が断然多い。

その優位性による為にサウスポーのチャンピオンは非常に多い。

だけど、その意味合いで言えば、サウスポーがサウスポーを苦手とするパターンも多いと思う。

だから「サウスポーに強いオーソドックス」になれば、サウスポーにとっても、そんな相手と戦った事は少ない為に「希少性」による「優位性」を作る事ができる。

実際にチャベスやレナードなど、サウスポーに強いチャンピオンはとにかくサウスポーに強かった。


今日はまだ1年生ながら県チャンプのつかさとジュニアの剛史に「サウスポー対策」をレクチャーした。

これから全国に行けばたくさんのサウスポーと対戦する事になるであろう、つかさに「サウスポー対策」は必須要素。

この「サウスポー対策」をモノにできれば、オーソドックスの相手との対戦においても、更なる向上が期待できる。

例えば、サウスポーに「リードジャブ」を当てるのは普通は難しい。だけど、その当て方を知れば、オーソドックスの相手には今までより、もっとジャブが当たるはず。

「もう、これでいい」なんて思ってもまだまだ課題は見つかる。昨日より今日、今日より明日と「高橋ボクシング」も「人」としても向上あるのみ!      マサ

カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 02:30 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」組み立て。

今まで追求してきたボクシング技術を世界の一流ボクサーの試合等を参考にして組み立てている。

いかに当て、いかに避け、いかに勝つか。

この10年間のボクシングの集大成としての「組み立て」には36年間で培った感性と経験が何より必要。

今、そこに挑戦中。大きな向上の予感がある。        マサ

カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 12:00 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」すべては一つ。

昨日、門司ジムの「トキ広樹」のジャブの改善方法を閃いた。

数年前から広樹のジャブの打ち方が気になって常に指摘をしていた。様々な改善法を提示してみるが、ずっと改善されないまま、今日に至った。

昨夜の遅い時間帯、たまたま会員が途切れて広樹が一人で練習していた後ろ姿を見て気づいた!

「タイミングだ!」 ボクシングにとっての「タイミング」とは普通「相手とのタイミング」を意味する。

しかし、今回気づいた「タイミング」は身体のタイミングだった。

「右ストレート」「左フック」「左ボディ」・・と僕が強く支持する部分も身体の「タイミング合わせ」だ。

入会して、一番最初に教えるのが「左ジャブ」。しかし、それと同時に教えるのが「右ストレート」を組み合わせた「ワンツー」。

「ジャブ」よりも、前に書いたパンチの方が比較的動きが大きく、身体のタイミング合わせに目がいき易い。ジャブの動きは小さく、「簡単」だと感じてしまいやすい。それだけに見逃してしまった訳だ。

以前は「ワンツー」からではなく、「ジャブ」だけを数ヶ月教えていた事もある。しかし、初めにボクシング全体のバランスを教える事や、フィットネス会員に対して「ボクシングの楽しさ」を伝えるという思いで、初日から「ワンツー」を教えるようになった。

物事には「正負の法則」が生きている。良い事の反面、悪い事も起きる。

すぐに気づいていれば、簡単な事だったかもしれないが、そこに目がいかずに苦労した分だけ、「感動」(喜び)も感謝も大きくなった。

僕の一番自信のあるパンチは「ジャブ」だ。15から始めたボクシングで、一番得意なパンチでもあり、一番苦労してきたパンチでもある。

多くの苦労をして手に入れたモノだけが、本当に「自分のモノ」になる。僕のボクシングのすべては、そうやって手に入れてきた。それが「正負の法則」ってヤツだ。

今日は下関ジムでこの「左ジャブ」を数人に指導してみた。数分で、皆に大きな変化(向上)が表れた。

注意してほしいのは、頭で覚えるだけに留まらず、何度も反復練習(苦労)して心身共に覚え込み、きちんと「自分のモノ」にする事だ。

たった一人の「課題」を解く事が、これから入ってくる会員や選手を含めた、すべての会員のボクシングに大きな影響を与える。

これらからも「人は皆繋がっている」という事が考えられる。一人の向上が皆の向上に繋がる事を知れば、「日々向上」の姿勢は崩せない。      マサ

カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 04:11 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」ダラリンパンチ。
今、僕がジムで指導している「ダラリンパンチ」。ある程度までフックの基礎を練習してきた者を対象におこなっている。

要は「力を抜き」、「遠心力」と「シフトウエート」でパンチを打つ感覚を覚えてもらうという指導法だ。

今までに指導してきた「黄金比」や「レベルスイング」があっての事ではあるが、ジュニアから女性、選手らにまで大きな変化が表れている。

筋力で打つ打ち方を僕は「剛」と考え、「シフトウエート(重力)」や「遠心力」で打つ打ち方を「柔」と考える。フェイントなどの駆け引きや心理戦も「柔」と言えるだろう。

どちらも必要ではあるが、僕は理に適った「柔」の方を重視している。

僕が見る中では上体の筋力に頼った打ち方をする者が非常に多い。正しいフォームで正しい打ち方をすれば、スムーズ且つ最低限の力で最大のパフォーマンスを発揮する事ができる。そうすればスタミナをロスしにくく、その分だけ多く動く事ができる。

常にそれを言ってはいるが、日頃の生活や長期間の練習で身に付いた動きや癖は簡単にはとれない。

そこで試したのが、この腕をダラリンと下ろした「ダラリンパンチ」。

力を使っていないのに、大きな効果が表れる感覚を知り、ボクシングを通じて自分の「間違った思い癖」は気づく事で大きく改善できるのだという事を知ってほしいと思う。   

                 「ボクシングは人生の縮図だ!」  by マサ
カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 05:03 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」レベルスイング。
あるスポーツニュース番組でキャスターの亀梨くん(ジャニーズ)がヤクルトの青木選手に取材に行き、バッティング指南を受けるというシーンをたまたま観た。その中で青木選手が言った言葉「レベルスイング」が僕のアンテナに引っ掛かった。

僕が選手や会員らによく言う。「角度合わせ」「ナックルの合わせ方」「黄金比」「打ち抜き(フォロースルー)」などが、この言葉一つですべて表す事ができる。それも様々な技術や理論や指導法があっての事ではあるが・・

ここ数日、この「レベルスイング」をボクシングに応用し、会員や選手を指導してみた。皆に、はじめから丁寧に説明し、イメージを持たせていく。

また違う時間に来た者にも、同じように何度も何度も指導していくうちに、指導法はどんどん改善されていく。同じ事を言い続けるのは自分自身が辛い。常に新しい発見がなければモチベーションは保てない。だから常に改善法を探す。そうするとそれだけ、より伝わり易くなる。

この繰り返しで僕はボクシングを、指導法を日々高めてきたとも言える。

話しが逸れた。(笑) 本題に戻る。

「レベルスイング」の「レベル」とは僕的に解釈すると、「高さ」や「高低」の事だと思う。要するにボールを上から叩くように打つのが「ダウンスイング」。下からすくい上げるように打つのが「アッパースイング」。それでは「レベルスイング」とは?

ボールに対してバットが垂直に、あるいは水平に入ってくる状態の事なのだと思う。しかし、それぞれのスイングにも一長一短がある事を理解しておく必要がある。

例えば「ダウンスイング」では、ギリギリまでボールを見極める事ができ、重力を利用して鋭く振り抜く事ができ、叩きつけるように打つ事でフライになりにくいがバットとボールが当たっている時間が短く、ボテボテのゴロになり易いという欠点もある。

「レベルスイング」ではバットの振り出しが早くなる為にボールの見極めがギリギリまでできない事が欠点ではないかと思う。しかしボールの軌道と垂直に振る事によって、バットの面にボールが当たっている時間が長く、押し込むように打つ事ができ、飛距離が伸びる。

これをボクシングに置き換えれば、急所(顎、テンプル、レバー、ストマックなど)にナックルと肘を垂直に合わせ、押し込むような気持ちで振り抜く。ここにスピードが加わる事で「打ち抜く」となる。

このようなイメージを持たせるだけで、大半の会員のパンチが変わった。(現在、指導中は左フックとレバーブロー)

「レベルスイング」はすべてのパンチに対して有効ではあるが、「ピンポイントブロー」のように一点をかすめるように打つ事によって効果を発揮するパンチもある。

それも踏まえた上で、門司フィットネスボクシングジムでは目標物(急所)にナックルと肘を垂直に合わせた「レベルスイング」を基本とし、指導していこうと思う。

まだまだ「高橋ボクシング」は試行錯誤の中で改善し、向上させていくので、大きく変わる事もあり、その度に大変な思いをする事にはなるが「変化は向上」という思いで日々取り組んでいこうと思う。

僕らの目指す場所へは、現状維持で辿り着く事はできない。           マサ

PS 「高橋ボクシング」レベルスイング。まだまだ向上の余地があるので、また書いてみたいと思います。
カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 18:29 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」左フック。2

今、住直が試行錯誤しながら「左フック」の改善に取り組んでいる。聞いてこない限りあまり指導はしない。試行錯誤し、苦労して得たモノでなければ本当の自分の武器にはならないからだ。

以前から僕は「ボクシングを組み立てろ!」「導線を作れ!」と選手達には言ってきた。その為にも最後に放つ「決めパンチ」が必要となってくる。

僕が現役中に得意だったパンチは「ジャブ」「右ストレート」そして「レバーブロー」の三つだった。だからうちの選手の得意なパンチもその三つである場合が多い。

長谷川選手の登場を機に「左フック」(前の手のフック)の重要性を改めて感じ、ジム内でも「左フック」の改善に取り組んだ。その中で僕が指導する「左フック」(カウンター)のタイミングを掴めたのは若貴の貴だけだった。

KO率の一番高いと言われている「左フック」(サウスポーの場合は右フック)。それはなぜかを考える事が大切だ。

体の構造上、真横から顎を振り抜かれるパンチに弱く、脳震盪が起きやすいと言われている。それに加えられるのが「見えない」という事だと思う。

その為には相手の死角から打つ必要がある。死角から打つ為にはポジショニングがうまく取れなければいけない。ポジションをうまく取る為には「布石を打つ事」や「ペースを掴む事」が必要だ。

それ以外にも「早さ」が必要となる。ボクシングは技術的な部分で言えば「タイミング」と「スピード」が何より大切だ。「見えるパンチ」は耐えられるが「見えないパンチ」は耐えようがない。

先日の「長谷川VSモンティエル戦」は、そんなパンチの応酬だった。僕の大好きなシュガーレイ・レナードも、自分がもっとも得意とするパンチは「左フック」だと語っている。
 
「左フック」のフォームや打ち方だけに留まらず、ナックルの合わせ方やタイミングの合わせ方、様々なシュチュエーションを知る事や組み立て方を追求する事が必要だ。      マサ
カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 15:03 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」導線。
僕が常々、選手らに言う「ボクシングを組み立ろ!」という言葉には幾つかの意味がある。

「先に動く事」「リズム」「布石を打つ事」など、これらを別の言葉で言うなら得意のパンチを決める為の「導線作り」とも言える。

「導線」の作り方に関しては企業秘密でここには書けないが、いくら「導線」を作っても肝心の「決めパンチ」がなくては「導線」だけのボクシングになってしまう。

まずは「決めパンチ」を持つ事。右ストレート、左フック、ボディー、アッパー、カウンター、とそれぞれに得意なパンチがあるだろう。それがない者には、基礎を徹底指導し、確かな「決めパンチ」を持たせておく必要がある。

すべてがこのやり方ではないが、多くのボクサーに活用できる戦術ではないかと思う。

中には「スタミナ」という資質を持つ者もいるだろう。その場合には、その資質を生かしたボクシングも考えていくつもりだ。(ファイティング原田のような・・)その場合であっても、チャンスを作るという面で、この「導線」の作り方はきっと役に立つはず。

感覚や感性だけの出たとこ勝負ではボクサーとして「安定感」が足りない。日頃から常に考え、研究した「導線作り」が、確かな勝利、確かな向上に繋がっていくのだと思う。       

行き当たりばったりの人生、流されるだけの人生ではなく、自分の人生は自分で創っていく事が大切である事をボクシングから学ぶ。           マサ

PS 今日は下関ジムの「ジュジュジュの潤一」が実家の広島に帰る為にジムを退会した。門司フィットネスの中で物事を見る目が変わったと言う。感動を呼ぶ男「ジュジュジュの潤一」が正しき自分の道を見つけられる事を願っている。迷ったらまたジムに顔出せや〜
カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 22:17 | comments(0) | - | - | - |
「高橋ボクシング」基礎の見直し。
昨日の東福岡への出稽古で感じ、今日のジュニア達へも念入りに指導した事は「基礎の見直し」。

技術的レベルアップを図るとき、一番それを邪魔するのが「基礎の崩れ」。

正しい基礎の上にはいくらでも技術の上乗せができるが、基礎が崩れているとすべてが狂う。

例えば、前足が5センチ内に入るか、外に出るかだけでも、戦いの中で大きな差が出てくる。手首の角度が10度違うだけでも大きく違う。それほどに基礎の出来、不出来は、その後のレベルアップに大きく関わってくる。

今、選手らの基礎の崩れを正す事ができるのは僕しかいない。僕的には、それがテクニカルトレーナーとしての一番の仕事だとも言えるぐらいだ。

基礎さえ崩れなければ、各自で考えた技術や練習法を加えていっても大きな間違いやレベルダウンはしない。

トレーナーを変えたり、指導者と分かれたりして、ダメになっていった選手を数多く知っている。それほどに技術的基礎も心的基礎も大切だという事だと思う。

特に「強くなりたい!」と願う子等には厳しく「基礎の向上」を促す。今、地味で単純で細かいと思える「基礎の向上」こそが、この先に進む度に大きな差となって表れてくる事は確実だ。

相手選手のウィークポイントを一瞬で見抜く事も、会員の癖や思い癖を見つける事も、選手らのボクシング的狂いを素早く見つける事も、どれもが同じような事。

よく耳にしていた「悪い所を見ずに、良い部分だけを見て伸ばせ」という考え方。これに僕は真っ向から反対意見だ。

人は心的に向上する為に生きているのだと思う。そう考えれば、悪い部分を直さずに良い部分だけを伸ばしていくやり方には無理がある。これをボクシングに置き換えれば、ボクシングの基礎というモノの崩れや間違いを無視して、身体能力やセンス、根性といった別の部分に頼っていくよなモノだと思う。

レナード、ロペス、ユーリ、チャベス、パッキャオ、マルケス・・など多くの一流選手に見られる「機能美」。これこそが「洗練させた基礎」のなせる業であると思う。

ボクシング的基礎、「スタンス」「バランス」「ポジショニング」「リラックス」「重心の置き方」「ベクトル」「リズム」・・

心的基礎、「人の為に」「今できる事」「自分次第」「日々向上」・・

基礎とはつまり「根本」であり、物事の「核」とも言える部分なのだとも思う。そこを見逃して指導はできない。

以前は誰にでも「基礎」をうるさく叩き込んだ。だけど最近は強く言い続ける事は、「大きな向上」を求める者だけにした。

人にはそれぞれの歩幅がある。大きな向上を求める者。マイペースでじわじわやっていきたい者。間違えても間違えても懲りずにやっていく者。向上をあまり求めない者。

昨今、「人は皆違う」「オンリー1」というような言葉が一人歩きしているようにも感じる。だけど人は向上する為に生きていると思えば、自らの未熟や間違いを正して生きていく事が非常に大切な事だと思う。

ボクシング的基礎にも心的基礎にも「現状維持」はない。常により良い基礎を探し、向上を求め続ける。   マサ
カテゴリ:「高橋ボクシング」 | 02:54 | comments(0) | - | - | - |
| 1/9PAGES | >>