悩み相談。

今日は今年初のTPCで約3ヶ月前に来られた方の二度目のご相談でした。

 

苦しみや悩みというものは「自分」があるからこそ起こる心の状態です。

 

人間は涌き出る妄想や雑念に常に振り回されて生きています。 その「自意識」から少し離れて妄想や雑念を自覚するとそれらが消えて本当の現実が見えてきます。

 

約一時間のパーソナルコーチ。妄想や雑念を止めて今ここに集中する術や心の在り方を伝えさせて頂きました。

 

 

悩みの対象となるモノへの執着を手放してしまえば、例え現状が何も変わらなくても苦しみは乗り越えられます。

 

 

妄想や雑念が沈まれば頭はすっきりし、気分も良くなり、恋愛や結婚などの人間関係も良くなり、仕事や勉強もはかどります。

 

 

二度目のご相談だったので前回より高度な話になりましたが、その方は希望を胸に清々しい笑顔で帰られました。

 

 

心から求める方には全力で向き合います!伝える力とその熱さには自信あります!

 

カテゴリ:高橋イズム | 12:47 | comments(0) | - | - | - |
継続。

ジム第一号の選手兼トレーナーをしていた白石が数年ぶりに帰郷して家族と遊びに来ました。(^^)

 

 

前日からもLINEでやりとりしてて今日もたくさん話をしました。

 

 

白石はジムを去ってから保育の道、そして青年海外協力隊でアフリカに数年、帰ってきてからは東北の復興地域に行っています。これはジムで学んだ「人の為に」という思いからです。

 

 

しかし、白石は僕に言います。「会長のそばにいてまだ乗り越えてないものがあります」

 

 

「逃げないという課題です。アフリカでも、東北でももうだめだと思うときがあったけど乗り越えてきました。だからもう乗り越えてるかもしれないけど…」と。

 

 

僕は言いました。「乗り越える人間と逃げる人間の違いは幼少期や親から刷り込まれた心の習慣やネガティブな思いの切り替えがうまいかそうでないかやぞ」と。

 

 

人間関係、仕事、スポーツ、どんな分野でも不平不満や怖れ、嫉妬、怒りなどを常に持つ習慣があれば長続きする事はなく、そこに壁が必ず表れて弾き返されます。

 

 

壁を破るとはそういった概念や在り方を覆す事だと言えます。

 

15年前には自分の事しか考えられずにジムを去ったと言う白石は「人の為に」15年間生きてきた。家族も作って守る者もできた。

そして今、もう一つの課題が表れている。

 

 

「強い正義感」からくる「不満」「怒り」「雑念」「妄想」。

 

 

これらは人生のブレーキになる。

 

 

人は皆、自身の持つ概念で苦しんでいる。でも、そこに必ず成長がある。

 

 

僕はそれに気づいて伝えていきたい。

 

カテゴリ:高橋イズム | 18:00 | comments(0) | - | - | - |
2019年賀状。

皆さん!改めてあけましておめでとうございます!

 

 

はやくも今年の年賀状を公開します!!

 

 

今年は羽生結弦!!

 

 

関門JAPANも金メダル獲りマース!(^-^)/

カテゴリ:高橋イズム | 16:00 | comments(0) | - | - | - |
苦労なくして成長なし。

僕が目指す【穏やかな心】。

 

 

ここに辿り着く為には、怒り、不安、怖れ、嫉妬、虚栄心、自己顕示欲、など様々な課題を乗り越えなければなりません。

 

 

これらの感情や思考には現在の【気分】が大きく影響します。

 

 

今、宝くじ10億円が当たっていて、怒る事や怖れる事がどれだけあるのかとよく選手らにも言います。笑

 

 

要は心が大きく余裕のある【最高の気分】であれば、ほとんどの事は乗り越えられるし、怖るるに足らずだという事です。

 

 

どうすれば最高の気分になれるのか?

 

 

僕の経験から言うと感謝を知ったときと、愛に気づいたときです。

 

 

それはどこか遠くにあるモノでもありません。 すごく身近に、すぐ目の前にあるものです。

 

 

目の前の人に対する感謝に気づいたとき。人を心から愛したとき。または、遠く離れた場所で戦ってきて地元や家族の元に戻ってきたときでした。

 

 

それらに気づく為にも多くの経験や苦労がいります。

 

 

当たり前と感じている事に感謝はできないからです。

 

 

それから僕は【今ここ】を大事にするようになりました。

 

 

【若いうちの苦労は買ってでもしろ】は本当だと思います。

 

 

苦労した人ほど、感謝も愛も知っているはずです。

 

 

僕もまだまだ苦労します。

 

 

カテゴリ:高橋イズム | 21:59 | comments(0) | - | - | - |
諦めない。

不安や怖れ、苦しみ、不平不満が強いときは感謝や利他の心を忘れています。

 

 

健康への感謝、親への感謝、平和への感謝、自由への感謝、従業員への感謝、会社や上司への感謝、お客様への感謝、愛する人への感謝。

 

 

そして、人を喜ばせよう、人の役に立とう、人を楽しませよう、人の為になろう、そういった貢献心やサービス精神も薄れています。

 

 

感謝と貢献心があれば前向きに明るくなれるので、すべてが好転していきます。

 

 

夜明け前が一番暗いと言います。逆境とは順境との【境】ですから、そこを乗り越えれば必ず明るい明日は来ます。

 

 

強気。負けない。諦めない。乗り越える

 

カテゴリ:高橋イズム | 21:34 | comments(0) | - | - | - |
概念がボクシングを創る。

世界ライト級統一戦、今ボクシング界ナンバー1であるロマチェンコVSペドロサを観ました。

 

 

通常のボクサーとは違うボクシング概念を持ったロマチェンコのボクシング。

 

 

ペドロサもロマチェンコ対策をしていてとてもいい試合でした。

 

 

当然試合もですが僕が注目するのは試合前の選手の言葉と試合後の言葉、そして入場時やセコンドでの表情ややり取りです。 そこにその選手やチームの在り方が垣間見えるからです。

 

 

ボクシングも経営も人間関係もすべてはその人の概念や在り方が投影されており、そこにこそ成功者達から見習うべき点であるのだと思います。

 

 

概念や在り方を知らずに、やり方や方法だけを真似てもただの真似にしかなりません。

 

 

試合からもその選手の心情を読み取るようにして観戦します。

 

 

下関という地方から関東関西や世界に負けない選手を育てていく為に僕の今できる事です。

 

 

感謝こそがすべての土台です。

 

 

カテゴリ:高橋イズム | 17:07 | comments(0) | - | - | - |
【すばらしき哉、人生】。

子育てに悩むご夫婦の相談を受けました。

 

 

子供の成長には個人差がある事、人と比べない事、自主性を促す為には強制してはいけない事、愛する事、感謝する事、信じる事、待つ事、許す事、子は親の鏡である事、などを僕の選手育成の話をふまえてお話しさせて頂きました。

 

 

鏡には詳しく言うと表鏡裏鏡があります。

 

 

どちらにせよ、自身が投影されているに過ぎません。

 

 

変えようとして人は変えられません。 

 

 

しかし、自分のマインドが変わると人も状況もすべてが変わるから面白いものです。

 

 

人生には「強さ」の他に「優しさ」の修行があります。

そのバランスが非常にとれている人を人間的に成熟した人だと言えます。

 

 

往々にして強い人には優しさが課題であったり、優しい人には強さが課題であったりします。

優しさとは自分目線ではなく、相手の身になって想像してみる思いやりや、相手に対する献身といった思いや行動があります。

ずばりです。

 

 

他にも自己顕示欲、虚栄心、自分本位、弱さ、怒り、嫉妬心、恨み、など自身の人生においてブレーキとなる課題はいくつもあります。

 

 

それらのブレーキを外し、人から信用信頼される人間こそが、人に力を与える事ができ、自分自身の自己実現も可能にするのだと思います。

 

 

たまたま手元にあったアメリカ映画の名作「すばらしき哉、人生」のDVDをお渡しました。 白黒の古い映画なので、いまどきの映画のような面白さはありませんが、ラスト30分には「感謝」「因果」「波長」「信用」「友情」「愛」といった人生の真理がふんだんに盛り込まれた内容です。

 

 

一人の成長が目の前の人を幸せにし、いつかは多くの人を幸せにする事ができます。

 

カテゴリ:高橋イズム | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
乗り越える。

選手や会員を指導していて、彼らがうまくできないとき少しイライラします。人間ですから。


でも、相手じゃないんです。自分がもっと相手の身になって、その人にしっかりカスタマイズして指導をすると驚くほどすんなりできたりします。


大切なのは目の前の一人をどこまで大切にできるかって事だと思います。


これはボクシング指導に限らず、すべてに言える事だと思います。


人や環境のせいにしていても何も成長しません。


すべては自分次第です。


僕はいつもそうやって壁を乗り越えてきました。


まだまだ壁は多くあります。だけど必ず乗り越えるという思いがある限りその先には希望しかありません。


夜明け前が一番暗いと言います。苦しく辛い時期にこそ人は成長します。


最後のひと踏ん張りをできるか?できないか?


それは日頃の心の鍛練に掛かっているのだと思います。


順境にあるときも、逆境にあるときも、怠ける事なく、日々成長を求めて生きるように心掛けています。




カテゴリ:高橋イズム | 00:46 | comments(0) | - | - | - |
心の財。

蔵の財より身の財。身の財より心の財。

 

 

 

心が穏やかで豊かな人間になればお金も健康も勝利も付いてくるものだと思います。

 

 

 

大切なのは「在り方」。

 

 

 

人生の目的は人間的成長!

 

試合前のセコンド陣

カテゴリ:高橋イズム | 16:54 | comments(0) | - | - | - |
CHANGE。

住吉がチャンピオンになる為に必要な事をずっと考えてました。

 

 

 

技術、戦術、スタミナ、体作り、そして一番大切な心の在り方。

 

 

 

住吉の日本タイトルマッチは僕にとっての試練でもあります。

 

 

 

 

僕にとっての試練は、僕が変わる事。

 

 

 

この二日間で、映画「グレイテスト・ショーマン」と「ミリオンダラーアーム」をDVDで観ました。

 

 

 

気分転換に観た映画でしたが、偶然はないと思います。今、この映画を観た事は必然だと思いました。

 

 

 

夜明け前が一番暗いとはよく言ったものです。ここ数日さ迷ってました。笑

 

 

 

やっと探し求めた答えが見つかりました。だけど答えはすぐ近くにあった。

 

 

 

そうか。これやったんやーって。

 

 

 

マインドが切り替わったのが自分ではっきりと分かります。

 

 

 

さあ!これで明日からタイトルマッチまで着実に積み上げていけます!

 

 

 

アクセル住吉を下関初の日本チャンピオンに!

 

 

 

下関から全国へ!勇気と感動はそこにあります。

カテゴリ:高橋イズム | 23:44 | comments(0) | - | - | - |
| 1/106PAGES | >>