(ジム会員通信)年末年始、大そうじのお知らせ。

年末最後の営業が26日(火)となります。

 

 

 

翌日水曜日を挟んで28日(木)の15:00〜ジムの大掃除を行います。

※約1時間半〜2時間程です

一人一枚いらないタオルを持ってきて頂けると助かります

 

 

年始は5日(金)からとなります。

 

みんなでジムを綺麗にして気持ちよく新年を迎えましょう!!

 

 

また、28日18:30より忘年会を企画していますが、年末押し迫っているので毎年20名ほど集まればジム近くの「千彩」で行っています。参加費:5600円 二時間飲み放題

 

申し込み締め切りが19日(火)までです。

 

 

来年の年賀状は何で来るか!!お楽しみに!!(^^)/

カテゴリ:「会員通信」 | 21:02 | comments(0) | - | - | - |
イノベーション。

 

今日は長府商店街のお魚大将、平さんが、関ドラ11のお疲れ会&決起集会を開いてくださいました。

 

 

 

今日出会ったライフセービングクラブ代表の新名さん、FCバレイン下関代表の原田さんも勝負してる人達でした。

 

 

 

平さんご紹介ありがとうございました! 下関でも勝負している人との出会いは格別です。

 

 

 

イノベーションが起きそう!(^^)

カテゴリ:高橋イズム | 18:34 | comments(0) | - | - | - |
関門ドラマティックファイト11無事終了。

関ドラ11無事終了致しました。応援、ご協力心より感謝致します。

 

 

 

今回は強敵相手に1勝3敗という結果でしたが、どの試合も力の入る勇気と感動を伝えるものであったと思います。

 

 

メインイベントのアクセル住吉VSレジェンド佐々木基樹戦は、熱く大変盛り上がった関ドラに相応しい名勝負となりました。

 

 

 

住吉は「佐々木さんとの試合もセコンドでのやりとりも楽しかった」と。

 

 

死力を尽くして殴りあった二人の試合後。

 

 

なんと気持ちのいい瞬間だろうと思いました。(^^)

 

 

佐々木選手のブログ

日本ボクシング界のレジェンド佐々木基樹選手はやはり並の選手じゃなかった。

 

 

 

彼のボクシングには彼の思想や感謝が宿っている。

 

 

 

住吉にとって学び多き試合でした。感謝します。

 

 

 

この試合は完全にベストセレクション入り決定!

 

 

 

ランカーに挑戦したジャンプ池尾も。

 

 

 

無敗のアフガニスタンと戦ったチェンジ濱島も。

本多ジムマネージャーさんのブログ

 

 

 

負けはしたものの強敵相手に成長も感じさせ「試合が楽しかった。これからの課題が見えた」と元気なのでご安心ください。

 

 

 

デビュー戦で眼窩骨折をしてしまったスマイル渚も「悔しい!早く練習がしたい!次は勝ちます!」と意欲を燃やしています。

 

 

プロとして試合の勝ち負けも大切ですが、各々の成長をお見せし、皆様に勇気と感動を伝えてくいく事が関門JAPANのボクシングだと思っています。

 

 

 

辛く険しい道ではありますが、感謝と愛をもって必ずやチャンピオン輩出致します!

 

 

 

また今後も更に成長していく関門JAPAN選手達の応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

最後に!やっぱり!

 

 

 

勝負する奴は面白い!!

 

 

 

応援に来てくださった皆様!ありがとうございました!

 

 

 

プロレス観なけりゃ家が建ってるという程のプロレスファンのプロとも言える原田さんが関ドラ11の観戦記を書いてくれました。

 

一読の価値あり!です。(^^)

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 13:16 | comments(0) | - | - | - |
人生はままならない。

人生って思い通りにはいかないものだ。

 

 

 

自分の思い通りにしようと、ボクサーもスポーツ選手も、企業だってそう試みる。

 

 

 

だけど、多くの人間で考え尽くしたであろう大企業だって倒産したりする。

 

 

 

だから、人生ってままならない。

 

 

 

でも、ままならないときにこそ成長があったりする。

 

 

 

なぜ思い通りにならないのかに気づくチャンスだし、思い通りではないけど、他の道を見つけたりもする。

 

 

 

ままならない事から新しい可能性を見つける。その力を持つ事ってすごく大事だと思う。

 

 

 

要するに、対応力というか応用力というか柔軟性というか。

 

 

 

勝つも学び。負けるも学び。だから、何をも怖れぬ心こそが人間力!かな〜

 

カテゴリ:高橋イズム | 03:13 | comments(0) | - | - | - |
逆境は成長のチャンス!

僕にとっての関門ドラマティックファイトは毎回が試練です。

 

 

 

 

 

状況が悪い時、苦しいとき、僕はこう考えます。

 

 

 

 

 

「逆境は成長のチャンス」 

 

 

 

 

 

この困難を乗り越えたとき、これまでの苦労に苦悩に感謝する事ができます。

 

 

 

 

 

 

いや、苦しみの渦中にあるときにも成長した自分を信じて感謝はできます。






そして最後は自分に克って、愛と感謝ある人間に近づきます。

 

 

 

 

 

お金、人間関係、健康、死、未来、老後・・多くの怖れや苦悩があるのが人生だと思います。

 

 

 

 

 

しかし、それらは人として成長する為に与えられる問題であり、諦めない限り必ずや答えは出ると信じています。

 

https://www.facebook.com/events/262809120897650/

 

カテゴリ:高橋イズム | 04:45 | comments(0) | - | - | - |
アクセル住吉 ネバーギブアップ!

11月1日に発表されたランキングを見て驚きました。

 

 

 

 

チャンピオンの西谷選手がタイトルを返上し、空位となった王座を1位の吉野選手と2位のスパイシー松下選手が王座決定戦として戦い、1位の吉野選手がチャンピオンに。

 

 

 

 

この流れでいくと、ここ数戦日本ランカーに勝ち続けてきた住吉が1位となり、来春のチャンピオンカーニバルでのタイトル挑戦が濃厚だと関係者に聞きました。

 

 

 

 

東京には多くの日本チャンピオンがいますが地方の日本チャンピオンはあまりいません。

 

 

 

 

地方の希望としてチャンピオンになってほしいと他ジムの会長から電話も頂きました。

 

 

しかし、発表された住吉のランキングは2位で、7位から1位に急浮上した斎藤選手が指名挑戦者に。

 

 

 

関ドラ11での佐々木基樹選手との対戦をクリアし、後楽園ホールでの

「チャンピオン吉野修一郎(三迫)VS同級1位アクセル住吉」

の青写真は崩れました。

 

 

 

 

住吉は「チャンピオン!チャンピオン!」と常に思い続け「素直、謙虚、感謝」と人間的成長にも意識を向けてきました。

 

 

 

 

 

チャンピオンになりたいという思いは東京の選手も地方の選手もみんな同じです。

 

 

 

 

 

期待していただけに住吉にもかなりショックはあったようです。

 

 

 

 

 

しかし、関門JAPANボクシングジムの、アクセル住吉のチャンピオンは「使命」です。

 

 

 

 

 

勇気と感動を下関の皆様に!そして日本中のボクシングファンに!

 

 

 

 

 

住吉の座右の銘は「ネバーギブアップ」!

 

 

 

 

 

今回貯めたこの思いを爆発させる日が必ず来る!!

 

 

 

 

 

その日まで感謝を忘れず、焦らず、腐らず、前向きに「今できる事」を。

 

 

 

 

 

逆境こそ成長のチャンス!!

 

 

 

 

 

最高の勇気と感動が訪れる瞬間を楽しみにしていてください!!

 

 

 

勝負する奴は面白い!!

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 22:13 | comments(0) | - | - | - |
チェンジ濱島 壁を越える!

アクセル住吉とチェンジ濱島を連れて久留米櫛間ジムに出稽古に行ってきました。

 

 

アクセル住吉は九州のタイソン別府くんと火の出るようなスパーリングを5ラウンド。いい練習ができました。

 

 

住吉は仕事の都合で別移動だったので、行きも帰りも濱島とずっと話しながらのドライブでした。

 

 

チェンジ濱島は、まだ若干21歳。素直さが取り柄で、どんどん伸びて11戦9勝1敗1分と好成績を残してきました。

 

 

しかし、この五か月間濱島の心は荒れに荒れました。

 

 

素直さをなくし、迷走する濱島に僕は何度も言いました。「感謝を忘れるな」と。

 

今日のスパーリングは減量中の上に、ミドル級の選手が相手であった為、良くはなかったけどまったく気分が落ちていない濱島に変化を感じました。

 

 

帰りの車中で、ボクシングではなくその話しをしました。

 

 

今回の試合相手、強敵クドゥラ金子選手に対し敵意ともいえる感情を燃やして練習をし、いつもの号泣を繰り返す濱島に言いました。

 

 

「もう、そろそろその感じは卒業してもいいんじゃないか?」

 

 

ここ数日、試合への怖さと不安で更にメンタルは落ちていました。

 

 

実家でお母さんとも話し、本も買って、帰りの車中で、「会長から言われていた事がやっと分かって心の力が抜けました」と濱島は言いました。

 

 

話すトーンも表情も変わっていました。

 

 

21歳で「感謝」が分かればそれは凄い事です。

 

 

家に帰ると濱島からLINEが来ました。

 

 

「出稽古よりも帰りの車中に話せたことの方が収穫がありました。ありがとうございます」

 

 

僕は選手達に今度の試合に勝つ為の【鍵】を見つけろと言います。

 

 

それはボクシング的な事と人間的な事の2つです。

 

 

濱島にとっての鍵は【感謝】でした。

 

 

試合の勝敗よりチャンピオンになる事よりも、そこに至るまでの努力と人間的成長こそが一番の価値です。

 

 

人として大きく成長する為と世の中に勇気と感動を与える為にボクシングはあります。

 

 

こんなに過酷で怖いスポーツはなかなかないと思います。

 

 

だからこそ強く強く人間的成長を促されます。

 

 

試合を前に自分の壁を破る事。人として一つ成長する事。これが関門JAPANの克ち方。

 

 

自分に克っておけば、試合の勝ち負けを怖れる事なく挑める。

 

 

勝てば本当の勝利。負けても清々しく負ければいい。

 

 

        勝負する奴は面白い!!

 

 

チェンジ濱島、ちゃんとチェンジしてなかったら殴ります。笑

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 02:31 | comments(0) | - | - | - |
| 1/726PAGES | >>