【あなたの心を楽にします】

コロナ、経営、世界、お金、生活、この先・・怖いですよね。

 

 

その怖さや不安や怒りを放っておくと危険です。波動(感情)が低く重くなればそういった現実が引き寄せられてしまいます。

 

 

【波動同調の法則】

 

 

これはスピリチュアル的にも量子力学的にも言える事です。

 

 

僕に不安や怖れはあまりありません。訓練してきましたから。

 

 

仮にもしジムが無くなっても平気です。

 

 

執着を手放せば、新たな可能性やエネルギーが必ず入ってきます。

 

 

不安や怖れで妄想が止まらず苦しみになります。だけど苦しいのは執着を手放すまでの期間です。

 

 

18日と19日にそんな話やコーチングでも指導しているマインドフルネス波動の整え方を教えたいと思います。

 

 

無料は何かと問題があると思っていましたがやはり無料でやります。

 

 

ジム会員優先で受付ますが、席が余るようであればFACEBOOK友達らにも受けて頂きたいと思っていますのでメッセージやメールから予約してみてください。※先着順です

 


お話するのはボートレーサーや競馬のジョッキーらの悩みや苦しみを緩和して成績を上げてきたコーチングの一部です。

 

 

当然コロナ以外の悩みにも抜群に効きます。

 


今、あなたの悩みや苦しみを楽にしたいと強く思っています。

 

 

それが僕の【今できる事】だと思うからです。

 

 

関門ドラマティックセミナー

4月18日(土)20:30〜22:00 ※6名まで
4月19日(日)18:30〜20:00 ※6名まで
※【シェアお願いします】

 

※窓を開けて換気をしながら行いますので暖かい格好でいらしてください。

またマスク着用は必ずお願いします。

駐車場6台分あります。

 

カテゴリ:高橋イズム | 00:34 | comments(0) | - | - | - |
ジム設立20周年。第一章「門司フィットネスボクシングジム編」

現在コロナショックの真っ直中で恐縮ですが、本日4月1日で僕がジムをはじめて丸19年。

 

 

そして20年目へと入ります。

 

 

ジムに通って頂いた会員の皆さんや関門JAPANを応援して頂いた皆様、本当にありがとうございます。

 

 

祝賀パーティーは来年やります!(^^)/

 

 

19年前、僕が26歳の時に地元である北九州門司区にジムを開きました。

 

 

初期メンバーは友達や会社で知り合った人達の友情入会でした。

 

 

家賃5万円の狭い手作りジム。

 

 

自信と夢はあっても金はない・・そんなスタートでした。(^^)

 

それから徐々に会員は増え始め、選手筆頭であり初のトレーナーになった白石の時代。

 

 

頑張り過ぎて入院した僕の代わりにジムを守ってくれた白石に感謝。

 

 

でも、この時代は短かった。笑

 

 

1年後、高校二年生の住吉(アクセル住吉)が入会。

 

 

いつも僕から怒られてました。笑

 

 

後輩の雄哉がメキメキ頭角を現してきた頃。

※現在、豊前田で「SKY」というお店をやっています。

 

 

この頃はまだ現役の動きができました。

 

 

日に日に会員は増えていきジムはいっぱいに。

 

 

隣と隔てていた壁をぶち抜いてジム拡張!がオープンから3年後。

 

 

選手兼トレーナーとなった住吉&隆。

※隆は現在、小倉南区で司法書士の事務所を開いています。

 

 

嫁さん(左)と出会ったのもこの頃。

 

 

ジュニアスクールもスタート。

 

 

直人(バーニング石井)もこの頃入ってきて住吉と同じように選手兼トレーナーになりました。

 

 

天然でよーわからん奴でした。笑

 

 

※僕の隣にいる小さい哉太は小倉の魚町でBloomy Days Vintageという古着のお店を開いています。

 

 

この頃はテレビやラジオの取材が相次ぎました。

高田課長と。

 

 

僕の大好きなラジオパーソナリティなかじーと初競演。

 

 

これは嬉しかった(^^)

 

 

この頃は門司フィットネスボクシングジムメディアバブルでしたね。

 

 

そして、ジム設立6年後には関門海峡を渡った下関市にもジムをオープンしました。

 

 

 

名前は「門司フィットネスボクシングジムin下関」

 

 

オープニングパーティーは盛りだくさんでジム会員らと楽しく行いました。(^^)

 

 

下関ジム。こちらも多く取材して頂きました。

 

 

プロ入りを念頭に置く住直揃ってのアマチュアボクシングも佳境・・

 

 

正直、純粋にボクシングが楽しめていたこの頃が一番楽しかったかな?(^^)

 

 

 

住吉、石井、白石。

 

 

 

僕が現役時代には気づけなかった思い

 

 

 

【人の為に】【今できる事】【自分次第】という

 

 

 

思い(高橋イズム)で戦う門司フィットネス軍団。

 

 

全日本実業団、全日本社会人でW優勝。

 

 

アマチュアボクシングの最高峰である全日本選手権大会でも二人共に3位入賞。

 

 

地方では珍しい快挙にボクシングマガジン3ページに渡って掲載されました。

 

 

この頃からはじまったジュニアボクシング大会。

 

 

子供たちの成長も楽しかった。

 

半年おきに門司ジムと下関ジムで交互に行われた「スパーリング大会関門対抗戦」は盛り上がりました。

※右はジャンプ池尾です

 

 

いつか僕の中でプロボクシングが終わったら、いくつかジムを持ってまた対抗戦を復活させたいです。(^^)

 

この頃からはじまったジュニアスクール【心の勉強】はもう15年はやってるかな?

 

 

ジュニアボクシング大会で若貴(沖島兄弟)は日本一となり注目を集めました。

※今は家業を継いでいるそうです。

 

 

この頃は、門司と下関合わせて160人の会員と住直・・

 

 

豊国学園ボクシング部の選手達(ファイン新井ら)と・・

 

 

小中のジュニアボクシングも指導していてなかなかハードにやっていました。

 

 

ここまでが住直と全力で駆け抜けたジム設立10周年でした。

 

 

 

第二章

プロボクシング「関門JAPANボクシングジム編」へ続く・・

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 01:28 | comments(0) | - | - | - |
志村けんさん。

 

本日、志村けんさんが亡くなられました。

 

 

子供の頃、土曜日のテレビと言えばドリフターズの「8時だよ!全員集合!」か「ひょうきん族」の二択で、僕はチャンネルをちょこちょこ変えながらもドリフ派でした。(^^)

 

 

その後も日本国民に笑いを与え続けてきた志村さん。

 

 

エイブラハムの「感情のスケール」でも仏教の「十界論」でも説かれている事ですが、「安心、心地よさ、良い気分(笑顔)」は人の心(波動)の中でも上位になります。

 

 

日本国民をそんな気持ち(波動)にしてくれていた功績は計り知れない程に偉大です。

 

 

ショックや悲しみから、コロナウイルスや中国、政府の対応に怒りの声があるのもわかります。

 

 

だけど志村さんが日本に残した功績を尊重し、日本国民皆が笑顔で前向きである事。

ここが大切なのではないでしょうか?

 

 

志村けんさん、多くの笑いと豊かさをありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

だいじょうぶだぁ♪

カテゴリ:高橋イズム | 22:54 | comments(0) | - | - | - |
今こそ、思考を現実化させるとき!

今日明日と、東京大阪での週末外出自粛が行われています。

 

 

都内での感染者は日に日に増加しています。

 

いつ収束するのか見通しは立っていないという先程の会見。

 

 

ボクシング界で言えば、試合のできないボクサー達。興業の打てないプロモーター。

 

 

イベント業、飲食業、サービス業など、それらに関わるすべての人達。

 

 

そこには【怖れ】【不安】【怒り】【欲望】というネガティブな思いが渦巻いている事だと思います。

 

 

先が見えない不安に圧し潰されて自殺したという話もあります。

 

 

基本的に人の選択を否定はしませんが、スピリチュアルな観点から自殺だけはやめた方がいいと思います。

 

 

楽になれると思って死を選んでも、今の苦しみや恐怖といった波動が固まったまま次の世界に移行するらしいからです。

 

 

それなら、どんなに大変でも死ぬまで生き抜いた方が圧倒的に素晴らしい経験になります。

 

 

僕が社会にもボクシング界にもずっと感じてきた【成果至上主義】【物質至上主義】の息苦しさ。

 

 

だから僕は、ボクシングを通じて【人間的成長】をジム会員や選手達に、そして微力ながらもプロボクシングで【勇気と感動】という波動でボクシング界や社会を少しでも変えようとしてきました。

 

 

だけど、ボクシングに興味のない人も多くいて「正直もうボクシングだけではラチがあかない」と思いました。

 

そこでジム会員以外にもそれを伝える為に始めたのがメンタルコーチングでした。

 

 

僕の指導するボクシングは理論的でテクニカルな部分も当然ありますが、感覚的なスピリチュアル的な部分の方がかなり強いです。

(この部分は近々YouTubeであげてみたいと思います)

 

 

今の僕のボクシング指導はボクシングというツールを通じて行っている人間的成長の為の瞑想指導みたいなものです。

 

 

それはボクシングを通じてずっと人生の意味を考え続けてきたからこその進化です。

 

 

  ボクシングの中にも、ジム経営を始めるときにも怖れや不安はありました。

 

 

先人のいない下関という場所でプロボクシング興業を行うときにはもっとありました。

 

 

僕は幼少期から吃音があったので日々恐怖との戦いでした。

 

 

「こんなに苦しいなら死んでしまいたい」と思う事もありました。

 

 

そんな怖れや不安を多く味わってきたからこそ、それを乗り越える在り方や術を知る事ができました。

 

 

それを伝えたい。いや、今こそ伝えるべきときなんだと思っています。

 

4月、第1回「関門ドラマティックセミナー」(少人数)やります!!

 

 

怖れや不安といった苦しみの原因は外側(コロナや経済難)にある訳ではありません。

 

 

それはあなたの内側にあり、そして、それは変える事ができます。

 

 

波動(感情)が整うと、思考が前向きになり、物事のとらえ方が良くなります。言動や行動が良くなると状況や環境といった現実も良い方向に創られていきます。

 

 

これが逆になっていたら・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

あなたの悩みや苦しみを大幅に減らしたいと思います。

 

 

一人が変われば集合的無意識で繋がっている10万人が変わるなんて聞いた事があります。

 

 

そう考えると・・

 

 

救世主はあなた 

 

 

かもしれない訳です。(^^)

カテゴリ:高橋イズム | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
今、大切な事。

2020年は【変革の年】であるという事は入ってくる様々な情報や感覚から感じていました。

 

 

 

僕が一年前から欠かさず瞑想を始めたのも、コーチングを始めたのもこの為だったんだと思います。

 

 

 

現在、日本は未曾有の事態ですが、そんなときこそ大切なのは心の【在り方】だと思います。

 

 

 

人間とは本来スピリチュアル(波動)な存在でしかありません。

コロナウイルスも波動です。

 

 

 

だから、すべては自分次第だし、思考次第だし、波動次第です。

 

 

 

コロナウイルスは人間の利己的な欲から生まれた【怖れ】や【怒り】や【成果主義】といったネガティブな波動が具現化したものであるように思います。

 

 

 

今現れているこの状況は変えられませんが、状況を【あるがまま】にとらえて、一人一人が波動を整えて前向きな解釈で行動していけばきっと苦境を乗り越えて新しい未来が開けると思います。

 

 

 

たくさん笑って、しっかり食べて適度に運動してお風呂に浸かりリラックスすると免疫力も上がります。

 

 

 

笑う門には福来る。いつも楽しく心地よく前向きに。

 

 

 

【愛と感謝】は最高の波動です。

 

 

 

何があってもどんな事があっても怖れる事なく、心穏やかに、前向きに、助け合い、感謝を忘れず生きていきましょう!

 

 

 

大丈夫。なんとかなる!(^^)

 

 

降りてきた今年のテーマは【安心】でした。

カテゴリ:高橋イズム | 02:56 | comments(0) | - | - | - |
ベアー彪雅、壁を破る。

今日は選手志望のベアー彪雅が選手規定であるタイムをジュニアスクール卒業を前にはじめて切りました。(^^)

 

 

これで晴れて中学からは選手コース入りです。

 

 

「タイム切らんと選手なれんぞ」と言うと「無理かもー」と顔が曇っていたヒュウガでしたが、ここ数週間前からはじめた土曜自主練時に選手らでの話し合いがあって今日は一味違っていました。

 

 

チャンピオンを目指すのもボクシング。勝利を目指すのもボクシング。だけど一番は【人間的成長】。

その為にボクシングも人生もありますから。

 

28日。6年生最後のジュニアスクール卒業式は6年生の親御さん限定で卒業式を行います。

 

また状況が落ち着いたら練習参観を予定しますのでその他の親御さんはご了承ください。m(_ _)m

カテゴリ:「会員通信」 | 18:22 | comments(0) | - | - | - |
【大丈夫。なんとかなる】

 

大阪山口県人会の伊原さんからジムに差し入れを頂きました。お心使いいつも本当にありがとうございます。(^^)

 

 

お礼の電話をするとコロナショックの影響で繁華街はこれまでにない状況だと聞きました。

 

 

今、観光地、イベント、旅行関係などに携わる皆さんは本当に大変な時期だと思います。

 

 

コロナの影響で大変な思いをされている方は多くいると思いますが、こんなときだからこその学びがあると思います。

 

 

物事の【解釈】には三つあります。

 

 

“甦囘

楽観的

   あるがまま

 

 

お勧めするのはです。次が△任后,篭卜麓衒してください。

 

 

大変とは大きく変わると書きますし、人間的な観点からではなく地球や宇宙的観点からすると現在の状況は良くも悪くもないただの現象となります。そして物事は常に変化し続けます。

 

 

物質世界である地球には【陰陽(正負)の法則】もありますから、常にプラスマイナスのバランスが保たれます。

 

 

そう考えると気持ちは楽になります。

 

 

そして悩みや苦しみはすべて自身の解釈という主観から生まれる事を知るとそれらから解放される術がある事も理解できると思います。

 

 

少し難しくなりましたが、簡単に言うと【不安】【怖れ】【怒り】という思考や感情に飲み込まれず

 

 

【大丈夫。安心してください。なんとかなります】という事です。

 

 

この思考や感情から出る波動があなたの楽しい未来を創っていきます。

 

 

コロナショックで苦しむ皆さんの心が少しでも軽くなる事を願っています。

カテゴリ:高橋イズム | 03:29 | comments(0) | - | - | - |
| 1/771PAGES | >>