関門ドラマティックファイトvol.9まで、あと10日!

さあ!遂に12.4関ドラ9まで、あと10日となりました!!

 

 

全国の強者と関門JAPANが下関で熱い戦いを繰り広げます!

 

 

現在、東洋OPBFライト級2位の関門のとらふぐアクセル住吉にとってタイトルマッチ前哨戦とも言えるこの試合も日本Sフェザー級7位の中川祐輔選手(市野)という強敵。チャンピオンまでカウントダウン、アクセル住吉がタイトルマッチへアクセル全開!待ったなし!!

 

 

また、セミファイナルのバーニング石井は11勝1敗の韓国からの移籍選手であるOPBFフェザー級14位の強敵テイル渥美選手を迎え撃つ!激闘王バーニング石井が強敵相手にまたも起こす!奇跡のバーニング劇場!!

 

 

10月に四国で初メインイベントで勝利したフィーバー真木が宇部の菅能克彦選手(ヤマカワ)と激突!己の壁を破りはじめたファイティングスマイル、フィーバー真木が古豪との一戦に燃える!

 

 

ランカーとの二連戦で培った力を、シューティングスタージャンプ池尾が初外国人選手との対戦に爆発させる!

 

 

その他に、関戸祐介(博多協栄)VS吉村裕紀(フジタ)6回戦  第二試合 サン・サックナロン(タイ)VS伊藤功一(黒崎カナオ)と、今大会はA級ボクサーの試合が5試合、B級ボクサーの試合が1試合と豪華なラインナップとなっております。

 

 

勇気と感動の関門ドラマティックファイトvol.9

日時:12月4日(日)13:00ゴング

場所:海峡メッセ下関イベントホール

 

 

    生は挑戦!人生は実験!勝負する奴は面白い!!

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 19:22 | comments(0) | - | - | - |
関たこjapan。

「関たこ」を思いついたのは、昨年の年末の事でした。

 

元ジム会員の和也が門司駅近くにたこ焼き屋を開き、「会長!食べに来てください」と電話がありました。

 

「わかったー 近ぢか行くわ」と。

 

お店の広さは2坪ぐらいでしたが、彼の焼くたこ焼きは僕がいつも食べていたたこ焼きより、ずいぶん美味しかったので、これは!と思いました。

 

それは、前々からジム一階の倉庫として使っている場所で、いつか何かしてみたいと思っている2.5坪ぐらいの場所があったからです。

 

関門JAPANボクシングジムが「たこ焼き屋」営業に踏み切る為にまずは三つの課題がありました。

 

 

・倉庫として借りている場所なので大家さんの営業許可はもらえるか?

・現在倉庫の中にある荷物を置く場所は見つかるか?

・選手達は賛同するか?

 

 

大家さんの許可を頂き、会員の方に荷物の置き場所も提供してもらえ、選手らも賛同してくれました。

 

「風は吹いている」と思いました。

 

また、関門JAPANボクシングジムが「たこ焼き屋」を営む理念や理由をもう一度考えました。

 

 

・関門JAPANボクシングジムや選手らをもっと身近に感じてもらう。

・楽しいお店でパワースポットとなり下関を元気に。

・こだわりのおいしいたこ焼きを提供し、皆様を幸せに。

・選手達の働く環境を作り、強化二部練習を行う。

・選手らとの絆を深める。

 

 

将来を心配し、ボクシングに専念できない選手達に、ボクシングから学んだ事は他の事にも通用する事を証明したいという思いもありました。

 

こうして、僕のたこ焼き屋めぐりの旅が始まりました。笑

 

下関、門司、小倉、遠いときは福岡まで行ってたこ焼きを食べました。

 

それに伴い、いろんな人に話を聞きました。

 

はじめての飲食業。わからない事ばかり。知らない事は聞けばいい。調べればいい。勉強しかありません。 

 

飲食歴20年の親友ごっちゃんの協力を得て、たこ焼きの試作が始まりました。

 

たこ焼き機を購入し、初試作。

 

 

市販のたこ焼き粉で簡単にそこそこおいしいたこ焼きは出来ました。

 

 

しかし、その程度でお客様にお出しする訳にはいきません!

 

 

ボクシングと同じ。思いを、情熱を、込めた分だけ伝わります。

 

フィーバー真木とチャンス望月も練習開始!

 

 

真っ黒け。笑

 

 

料理センスの高いフィーバー真木。

 

 

たこ焼き器の購入に続き、小倉の「テンポス」で厨房機材を購入していき、いつも世話になっている友達のつっちゃん(大工)に店づくりを頼みました。

 

 

多くのたこ焼きを食べ歩き、関門JAPANで作るたこ焼きの方向性が見えてきました。

 

 

粉の配合、だし、ソース、たこ、鰹節やトッピングなど、多くの情報を集めて試していきました。

 

 

一番大変だったのが粉の配合と焼き方です。

 

 

他にはない外カリっ中とろっとろ。しかも冷えても旨い。そんなたこ焼きにする為にごっちゃんと嫌になる程試行錯誤しました。

 

そして!「○○にしてみようや!」と最後の一手を試したとき・・

 

 

僕らのたこ焼きは完成しました!

 

 

たこ焼きの試作と同時に、ロゴ作り、看板やたこ焼きの写真撮りなども進めていました。

 

 

まずは名前が関門たこ焼き「関たこjapan」と決まり、ロゴが完成!

 

 

これも三和印刷のデザイナーさんと何度もやり取りして情熱を注ぎました。

 

次に看板。これも、他の看板をいろいろと参考に、考えられるあらゆるパターンを作り、その中から選び抜いて完成!

 

 

写真撮影はムラオカ写真館。

 

 

外カリっ中とっろとろの特製ソース味。

 

 

食欲そそる香りがたまらない、にんにく醤油味。

 

 

たこ焼きの生地に練り込まれたマル秘だしを味わうなら、岩塩味。

 

 

天井にも手を抜かず杉の板を貼りました。

 

 

モニターも付きました。

 

関たこが完成し、一番のファンはサクちゃんでした。(^^)

 

 

お店に来られた方が少しでも元気になるように照明を増やして店内を明るくしました。

 

 

この換気扇の設置法にかなり悩んだのも思い出です。

 

 

この数か月は休みの日もたこ焼きの備品や食材の買い物ばかりしていました。

 

オープン前夜に最後の看板が取り付けられ・・

 

 

お店はとりあえず完成!

 

 

最後にもう一度練習して・・

 

 

深夜までミーティング。

 

 

関たこは非常に焼き方が難しいので、一人で大量に焼く事ができません。

 

 

外カリっ中とっとろのデリケートなたこ焼きです。

 

最後にみんなでそれぞれの写真に「元気になる言葉」を書きました。

 

 

それを店内に貼りました。

 

 

楽しい写真もたくさん。

 

 

こうして約10カ月間の準備を経て、H28年10月2日に勇気と感動の関門JAPANボクシングジムが営む「関たこjapan」がオープン致しました。

 

 

おいしいたこ焼きと楽しいお店で下関をもっと元気に!!

 

 

 

人生は挑戦!人生は実験!!勝負する奴は面白い!!

 

 

 

皆様のご来店お待ちしております!!  

 

tysテレビ山口でも流れた関たこCMはこちら

 

 

 

カテゴリ:関たこ | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
tys「関門JAPANボクシング」CM!

関門JAPANボクシングジムor関門ドラマティックファイトが地上波へ!!

 

 

11月13日24時50分〜25時20 tys(テレビ山口)にて「関門JAPANボクシング」放送!

 

 

人生は挑戦!人生は実験!!勝負する奴は面白い!! (^^)/

 


 

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 17:42 | comments(0) | - | - | - |
関門ドラマティックファイトvol.9CM!

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 17:34 | comments(0) | - | - | - |
関門ドラマティックファイトvol.9!

さあ!遂に12.4関ドラ9のメイン、セミ以外の対戦カードもほぼ決まりました!!

 

全国の強者と関門JAPANが下関で熱い戦いを繰り広げます!

 

 

現在、東洋OPBFライト級2位の関門のとらふぐアクセル住吉にとってタイトルマッチ前哨戦とも言えるこの試合も日本Sフェザー7位の中川祐輔選手(市野)という強敵。 また、セミファイナルの逆転男バーニング石井は11勝1敗の韓国からの移籍選手であるOPBFフェザー級11位の強敵テイル渥美選手を迎え撃つ!

 

 

また23日に四国で初メインイベントで勝利したフィーバー真木が宇部の菅能克彦選手(ヤマカワ)と激突!

 

 

その他、関門JAPANからはチャンス望月とジャンプ池尾の再起戦。他2試合が組まれております。

 

  

        人生は挑戦!人生は実験!!勝負する奴は面白い!!

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 16:09 | comments(0) | - | - | - |
フィーバー真木in四国。

勇気と感動を住吉神社に誓う。

 

 

メインイベント、北川選手と計量会場にて。

 

 

会場の下見。

 

 

試合当日。ホテルにてミーティング。

 

会場入り。

 

 

気功をあてて動きをよく。火の呼吸2000回!

 

 

凸凹コンビも。

 

 

グロービング。

 

 

隣の愛媛県からフィーバーの家族や友達たくさん応援に来てくれました。

 

 

フィーバーの彼女ミヤちゃん。(元会員)

 

 

今ここに集中。

 

 

関門JAPANと友人らが登り旗で迎えてくれた。

 

 

多くの応援を背に気合い十分!

 

 

リングイン!!

 

 

序盤からいいパンチが決まり、チャンスを作る。

 

 

5ラウンドに、作戦通りのパンチが決まりダウンを奪った。

 

 

終盤は、効かし効かされの苦しい展開ながら、わずかにフィーバーが競り勝つ。

 

 

最終ラウンドまで死闘は続いた。

 

 

応援の力が選手の背中を押してくれました。

 

 

最終ラウンド最後の最後でダウンを奪うが、ここでゴング。

 

 

相手の北川選手も地元メインイベンターという事で気持ちが強くとても盛り上がった試合になりました。

 

3-0の文句なしの判定勝ち!

 

 

「A級ボクサーとしてランカーに挑戦していきたい」と、はじめて明確な目標を語ったフィーバー真木。

 

 

遂に覚悟を決めたフィーバー真木の今後に期待が膨らむ。

 

応援ありがとうございました!

 

 

この二ヶ月間での、真木の成長がこの結果に繋がったのだと確信しています。

 

 

次戦は12*4関門ドラマティックファイト9にて、宇部のヤマカワスポーツ菅能選手と激突です!

 

 

この試合も面白い!!(^^)

 

 

 

以下は9月27日のfacebook記事です。

 

フィーバー真木in四国 メインイベント8回戦まで、あと一か月を切っております。連日のスパーリングとミットで基本のボクシングを叩き込んでおります。(^^)

 

一度はボクシングを辞めようと思った真木でしたが、皆の説得もあり、思い留まって現役続行を決めました。どんなボクサーでも一度は辞めようと思った事があるでしょう。しかし、そこが壁であり試練なのだと思います。

 

最低までに落ちたモチベーション。それに打ち克つ事は大変ですが、真木は乗り越え、現在、非常に高いモチベーションでボクシングがどんどん高まっています。

 

ボクサーが強くなる為に「決意」「覚悟」「素直さ」「信じる」「感謝」「強さ」と、いろんな課題があります。逆に言うと、これらがボクシングを通じて学べるという事です。

 

続行を決めたとき、真木の地元四国のジムから試合、しかもメインイベンターとしてのオファーが来ました。

 

「波長で引き寄せたな」と思いました。

 

関門JAPANがボクシングをする理由は、世の中に勇気と感動を伝える事。そして人として成長する事。

 

地元四国のリングで初のメインイベンター。応援してくれる方のおかげでガウンものぼり旗も作れ、地元の友人知人と関門JAPANでフィーバー真木を全力で応援します。

 

辞めていたらこんな経験はできなかった。

 

辛いとき、苦しいとき、今いる場所で懸命に乗り越える事。それが自分を大きく成長させ、道を拓く力になります。

 

10.23 in四国 絶対盛り上がる感動的な試合に!そして絶対克つ!!

 

 

 

乗り越えるという経験をしたフィーバー真木。真木自身の学びや成長だけでなく、周りの選手らや多くの人達にも勇気を与えられたのではないかと思います。

 

これが関門JAPAN!!これが勇気と感動!!

 

カテゴリ:関門JAPANボクシングジム | 18:26 | comments(0) | - | - | - |
弱気は最大の敵。

ボクシング、興業、経営、人生全般。いい事ばかりじゃありません。大変な事や辛い事の方が断然多いのがこの世の中だと思います。

 

 

今日は最後の走り込みをする選手達に言いました。

 

 

「弱気は最大の敵!キツイときや苦しいときに落ちるのは普通の人。そこを強気と前向きな明るさで乗り越えてこそ、成功があるぞ」って。

 

 

タイムがグンと伸びました。笑

 

 

悪い状況に落ちて暗くなれば状況は悪くなる一方です。強気を保ち、前向きに動いて状況を変えていく事が大切だと思います。

 

 

良いときは良い。悪いときは悪い。そんな状況に振り回される弱い人間ではなく、状況をコントロールできる強い人間を目指していきます。

 

カテゴリ:高橋イズム | 00:46 | comments(2) | - | - | - |
| 1/713PAGES | >>